「笑撃のジムニー改モンスタートラック!」現実的な公道仕様の“リトル”バージョンを製作中!? | web option(ウェブ オプション)

「笑撃のジムニー改モンスタートラック!」現実的な公道仕様の“リトル”バージョンを製作中!?

東京オートサロンで注目を集めたモンスタージムニーに弟分誕生!?

 

公道を走れる寸法の“リトル”モンスタージムニーを製作!

 

 

シバタR31ハウスが東京オートサロン2019に出展したモンスタージムニー。このスタイルを実現するために、専用サイズの超特大サイズのタイヤまで作って実現した超ハイリフターだ。このチューンドはそもそもネタ車…というか、別事業のRCメーカーでボディ開発を予定しているジムニーをアピールするために製作した1/1のショーモデルだった。

 

 

しかし、オートサロン終了後からR31ハウスには「欲しい、乗りたい!」というラブコールが殺到。当初は、問い合わせがくるたびに事情説明して諦めてもらっていたのだが、あまりに反響が大きいために「それなら、公道を堂々と走れるヤツを作っちゃおう」と一念発起! モンスタージムニーの弟分となる「リトルモンスタージムニー」の開発をスタートさせたのだ。

 

 

タイヤはアメリカ製のオフロードタイヤを取り寄せ、それを市販パーツでリフトアップしたシャーシとドッキング。ハブはPCDチャンジャーで4穴化(PCD114.3)し、一般的な組み立てリムタイプのホイールが履けるようにしている。車幅も一般公道を走行できる範囲内に収めた。

 

 

ちなみに、R31ハウス柴田さんが触っているのが1ロットぶんカスタムオーダーしてしまったという特大タイヤ。販売予定はないので、倉庫はタイヤが積み重なっていてどうしようかと悩んでいるそうだ(笑)。真ん中がリトルモンスター用にアメリカから輸入した市販タイヤ。一番右が純正だ。

 

 

なお、ハイリフト用のサスペンションパーツは先代ジムニー用を加工流用している。最終的に車高をどのくらいアップするのが良いか現在模索中だ。

 

 

ここに現在企画中のオーバーフェンダーを装着し、ステアリングが切れるように手を加えて公認を取得する段取りだ。

 

 

モンスタージムニーと並べるとちょっと小ぶりに見えるが、単体で見るとリトルモンスタージムニーの迫力はハンパじゃない。なお、モンスタージムニーの方はまた違ったプロジェクトに向けて現在準備中とのこと。まだ詳細は明らかにできないが、激しくチューニングの香りが漂っているので、続報に期待していただきたい。

 

●取材協力:シバタR31ハウス 岐阜県加茂郡坂祝町黒岩1081 TEL:0066-9701-0468

PHOTO:澤田優樹

 

【関連リンク】

シバタR31ハウス

https://www.r31house.co.jp