「ユーザー目線で仕上げられたRX-8サーキット快速スペック」キモはサスペンションチューンにあり! | web option(ウェブ オプション)

「ユーザー目線で仕上げられたRX-8サーキット快速スペック」キモはサスペンションチューンにあり!

SE3Pのポテンシャルを引き出す匠の技

 

足回りメインのファインチューンでサーキットを駆ける!

 

ライトチューンから超ヘビーチューニングまで、オーナーの要望に高い技術力で対応するのが、広島県福山市のブラストエンジニアリング。代表の松川さんは最初の愛車にFC3Sを選んで以来、RE搭載車に乗り続けている根っからのロータリー党のひとりだ。

 

そんなブラストエンジニアリングのRX-8は、サーキット仕様として手を加えてきたもの。メインターゲットとしているのは、岡山国際サーキット。中国地方の走りのメッカとなっているテクニカルコースを攻略するために、足回りを重視したセットアップでRX-8のポテンシャルを引き出すことを目指している。

 

 

13B-MSPエンジンは、オリジナルサイドポート拡大仕様。チタンの輝きが美しいサクションパイプは80φ→90φの口径設定となっている。ファムスピード製のサージタンクは、インマニとオグジュアリーポートへのパイプを製作して装着している。エンジン制御はF-CON Vプロによるものだ。

 

 

オリジナルフルチタンマフラーは、70φメインパイプに80φテールの組み合わせ。排気分岐部の抵抗を嫌って、左側からのシングル出しタイプとしている。シングル出しは軽量化面でも大きなメリットとなる。

 

 

車高調整式サスペンションは、オリジナルの「はにまるスペックダンパーキット」。RX-8の特性を考慮して、リヤが必要以上にスライドせずに高いトラクションが得られるようにセッティングしている。

 

 

特徴的なのはリヤダンパーで、マルチリンク式としては珍しい倒立タイプを採用し、かなり長めのストローク量を確保している。またブッシュ類はソリッドな挙動を目指してフルピロ化。スプリングレートはフロント16kg/mm、リヤ12kg/mm。スペック的にはガチガチのサーキット専用車をイメージするかもしれないが、ストリートユーズにも十分に対応できる。

 

 

サーキット仕様らしく制動力の強化も抜かりなし。フロントはエンドレスのモノブロックキャリパーに大径2ピースローター、リヤはノーマルキャリパーでスリットタイプローターに変更している。パッドは前後IDI製を選択。

 

 

ホイールはアドバンレーシングブランドでは初となる鍛造モデルのRZ-DFで、サイズは前後とも10J×18+35。タイヤはグッドイヤーイーグルRS-Rの265サイズだ。

 

 

また軽量化の追求も注目したいところ。ドライカーボン製のオリジナルフェンダーは片側重量1kgで、ノーマル比1.5kg軽量。同じくドライカーボン製ルーフはノーマルよりも6kg軽量を実現している。

 

 

「ベース車は平成24年式の最終型RS。後期型は重たいので、運動性能のアップに軽量化が有効なんです。オリジナルフェンダーは左右で3kg、カーボンルーフは6kgほど純正より軽くなっています。このマシンはパワーを補うために、以前はNOSも搭載していました」というのは、松川代表だ。

 

 

サーキット走行など高負荷、高回転を常用するオーナーに、エンジンブロー防止の保険的な意味で勧めているのが、オリジナルのミクスチャーオイル。ガソリン満タン時に200cc注入する。

 

 

岡山国際サーキットやタカタサーキットでのタイムアップを狙ってまだまだ進化を続けているが、このようにツボを抑えたチューニングを実践できるのも、松川代表が自らサーキットを走り込んでいるからこそ。ユーザー目線で開発されたパーツ群に、魅力を感じる人も多いだろう。

 

SPECIFICATION

■エンジン:ブラストエンジニアリング サイドポートチューン、チタンマフラー/HKS エアクリーナー、F-CON Vプロ/FAMスピード サージタンク/キムラエンジニアリング EXマニ/DRC ラジエター/レボリューション オイルクーラー ■サスペンション:ブラストエンジニアリング はにまるスペックダンパーキット(F16kg/mm R12kg/mm)/レーシングビート スタビライザー ■駆動系:OS技研 カーボンツインクラッチ、スーパーロックLSD ■ブレーキ:エンドレス F6ポット+355mmローター R 335mmローター ■エクステリア:ブラストエンジニアリング ドライカーボンフェンダー、カーボンルーフ/セイボン ボンネット、トランク/ナイトスポーツ フロントバンパー/サード GTウイング ■インテリア:トラスト・インフォメータータッチ/ブリッド シート/シュロス シートベルト/ナルディ 34φステアリング ■ホイール:アドバンレーシング RZ-DF(FR10.0J×18 +35)/グッドイヤー RSスポーツ(FR265/35R18)

 

●取材協力:ブラストエンジニアリング 広島県福山市神辺町川南808-1 TEL:084-960-5441

 

【関連リンク】

ブラストエンジニアリング

http://www.blast-eng.jp/