「まさに戦う営業バン!」見た目は普通のサクシードバンだけど中身は本気のGTスーパーチャージャー仕様 | web option(ウェブ オプション)

「まさに戦う営業バン!」見た目は普通のサクシードバンだけど中身は本気のGTスーパーチャージャー仕様

HKS GTスーパーチャージャーをワンオフ装着!

 

高回転域までリニアに伸びていくパワー特性

 

京都のフジムラオートでキッチリ作り込まれたサクシードバンの登場だ。フロントバンパーのコーナープロテクターとサイドモールがボディ同色となる“カラーエディション”のため、見た目はワゴンと同じ仕様になっている。これがチューニング内容を含めて見どころ満載の1台だったりする。

 

 

まず注目は、遠心式のHKS GTスーパーチャージャーが装着されたエンジンだ。といっても、サクシード用は当然ラインアップにないので、ブラケットからパイピング類までワンオフ製作してキレイに収めている。

 

 

なお、スーパーチャージャー本体はHKSがラインアップする中で最小サイズとなるGTS4015HP。単体重量は3.5キロと軽量コンパクトだが、ブースト圧によっては最大150psを上乗せできるほどの風量を持つ。

 

 

また、過給によって不足する燃料を補う手段としてインマニにサードの210ccインジェクターを追加。3世代くらい前の国産チューニングカーを見てるようだが、メインインジェクターを触らない分、シンプルな制御で済むのがメリットだ。

 

 

インタークーラーはHPI製中置き汎用品を使って前置きにカスタム。スーパーチャージャーで圧縮されて高温になった吸気を冷やし、シリンダーへの充填効率を高める。

 

 

エンジン制御は純正ECUをベースにHKS F-CON iSで補正をかける。メインインジェクターの燃調、点火時期、追加インジェクターの噴射量やタイミングなどをコントロールしている。

 

フジムラオートでのパワーチェックでは、この仕様で最大ブースト圧0.6キロ時に145.9psを計測。ノーマルが101.5psだったので、約45psものパワーアップを果たしてることになる。

 

 

一方、足回りは純正ダンパーにエスペリアダウンサスの組み合わせだが、取材後にスピリットパフォーマンススペックN車高調(前後8kg/mm)への変更を予定しているそうだ。また、ブレーキはディクセルスリットローターに交換済みで、間もなくプロジェクトμHC+パッドに交換される。

 

 

メータークラスター内にセットされるタコメーターは9000rpmフルスケールのデフィアドバンスCR 60φ。ステアリングコラム上には、デフィリンクアドバンスシステムのコントロールスイッチが取り付けられる。

 

 

運転席、助手席ともにレカロSR-7F SK100を装着。快適性とサポート性を両立したモデルで、街乗りからスポーツ走行まで身体をしっかりホールドしてくれる。シートベルトはサベルト4点式だ。

 

 

ホイールはRSワタナベのエイトスポークF8F、サイズは前後7J×15+36となる。リムはオプションの切削で、明るめのシルバーが足元を引き立てる。これに組み合わされるのは195/55R15サイズのポテンザアドレナリンRE003だ。

 

 

このサクシードはトヨタの他車種用純正パーツをあちこちに流用してるのも見どころ。例えば、ステアリングホイールはイスト用、シフトノブはヴィッツG’s用、シフトブーツはヴィッツRS用、サイドミラーはアリオン用、スタッドレスタイヤに組み合わせるスチールホイールはシエンタ/ポルテ用…といった具合。

 

「クルマはイジりたい。でも、ノーマルのバランスが崩れたり後付け感が出たりするのはイヤなので、純正流用にこだわってます」とオーナー。たしかに、同じトヨタ車からの流用だったらコーディネートもしやすいだろうと思う。

 

 

ショップに任せる部分とオーナー自らが手を加える部分。その住み分けを明確にしながら、サクシードバンは今後も進化していくだろう。

 

●取材協力:フジムラオート 京都府京都市南区上鳥羽卯ノ花65 TEL:075-661-9393

 

フジムラオート

http://www.fujimura-auto.co.jp