「350馬力の13Bロータリーを搭載した軽トラ、現る!」ミッションはFC3S用、リヤサスはAE86用!?

公開日 : 2019/10/03 06:30 最終更新日 : 2019/10/03 16:29

アクセルを踏むのが怖い!? 世界最速のキャリィの登場!

 

ここまでやってても完全合法仕様!

 

注目度バツグンのイエローボディに、スパルタンでレーシー(!?)なガンダム系エアロとGTウイング…。冗談か本気かわからない、話だけ聞くと軽トラとは思えないルックスを持つキャリィを披露してくれたのが、愛媛県のRSフィースト。

 

 

このクルマのスゴイところは、もちろん見た目だけじゃない。見かけだけの仰天マシンというなら、ハデな軽トラは日本全国を探せばきっといくらでもいるに違いない。この軽トラの凄いところは、むしろ見えない部分のチューニングがキッチリ公認された状態になっていること。

 

なにせ、心臓部ともいえるエンジンはスズキのK6AからマツダRX-7の13Bに換装され、足回りはAE86用だというのだから。

 

「オーナーいわく、ミニユンボを運ぶのにノーマルエンジンじゃパワー不足ってこともあり、パワフルなエンジンを換装しようってことになったのですが、いつの間にか当初の目的から大きく逸脱、気がつくと軽トラ最速が目的に変わっていました。エンジン本体は、サイドポート+TO4Eにブースト圧1.0キロをかけての350ps仕様。車重900キロ強の軽量ボディですから、その加速は強烈。アクセル踏むのが怖くなるぐらいですね」とは、制作を担当したRSフィーストの平岡代表。

 

 

ちなみに、13BエンジンはFD3SとFC3Sのミックス仕様でサイドポート拡大加工も施されたチューンドユニット。補機類にはFC3S用のパーツも使われ、ボディ無加工のブラケット加工のみでうまくスペース内に収められた。当初は4A-Gも候補に挙げられていたが、インパクトがありコンパクトってことでロータリーが選ばれたそうだ。

 

 

制御にはパワーFCを使用。本体とコマンダーはシート間にマウントして存在感をアピールする。

 

 

また、ノーマルのガソリンタンクは運転席下に搭載されているのだが、その位置にはTO4Eタービンがマウントされている。そのため、重量バランスも考えて安全タンクはリヤへ移設。陸運局の見解では“ノーマルと同等の取り付けで金属で囲まれていればOK”とのことだったため、アルミ隔壁を製作した。

 

 

使用するミッションはFC3S用で、ケースからシフトレバーが伸びるダイレクトタイプだがそのままスワップしてはシフトレバー位置が荷台になってしまう。そこで、フィーストではワイヤータイプへと変更して位置合わせをしたそうだ。

 

 

プロペラシャフトはAE86とFC3S用を溶接加工でドッキングしたワンオフ品。基本的にはFC3S用のものを短く加工し、AE86用のジョイントを溶接してるので、強度はFC3S用より高いという判断から、強度検討は不要。溶接部の作業が確実に行われているという証として、溶接技術修了証を所持している技術者が加工していることを申告しているそうだ。

 

 

ハイパワー化に伴いビッグキャリパー&車高調で武装。元々フロント側はディスクブレーキ&ストラット式なので問題なしだ。

 

 

一方のリヤは、ギヤ比と容量の関係からAE86用のホーシングを移植してサイズアップを敢行。合わせてブレーキもドラムからディスクに変更済みだ。

 

 

なお、モンスター軽トラの合法化で苦労したのは排ガスの部分。一番の問題となりそうな13BやFC3S用ミッションの換装については、フレーム側を加工せずにブラケット加工で済ませていたため、原動機変更のみの申請ですんなりクリア。しかし、平成12年式となるGD-DA52Tに、古い排気ガス規制のE-FC3Sの13Bスワップをすると、排ガス試験を受けてのレポートが必要となり、実際に基準値を満たすのは至難の技だ。

 

 

そこで、年式の新しいGF-FD3S(平成12年式)のエンジン本体ベースに一部製作しなおすことで、構造変更に再チャレンジしたということだ。こうして無事に合法化を成功させ、どこからでもホイールスピン可能なモンスター軽トラを公道デビューさせたのだ。

 

●取材協力:RSフィースト 愛媛県伊予郡松前町北川原塩屋西1981 TEL:089-985-0504

 

【関連リンク】

RSフィースト

http://feast-power.jp/