「FD3Sに無用なパワーはいらん!」ユーザーのスキルアップを真剣に考えた匠のセットアップ術 | web option(ウェブ オプション)

「FD3Sに無用なパワーはいらん!」ユーザーのスキルアップを真剣に考えた匠のセットアップ術

完全オリジナル設計の足回りで走りをアシスト!

 

オーナーのスキルに応じた的確なマシンメイク

 

歴史に名を残すスポーツカーのFD3Sだからこそ、サーキットを存分に楽しみたい。そんなオーナーから絶大な支持を得ているチューニングショップが、広島県のブラストエンジニアリング。

 

 

本来はロータリーだけでなく様々なチューニグカーを手がける同ショップではあるが、ロータリーに対する深い知識とノウハウ、サーキットを楽しむための的確なアドバイスによって、並み居るロータリー専門店と肩を並べるほど多くのロータリーファンが訪れる。

 

 

そんなブラストの特徴を明確に示しているのがこのマシン。オーナーは前車をサーキットで全損させてしまい、新たなボディに使えるパーツを移植。エンジンやタービンはノーマルのまま、制御系をパワーFCに変更している程度にとどめている。

 

それというのも、まずはこのスペックを使い切れるまでスキルアップに重点を置いているためだ。実際にハードなチューニングによって扱いきれないパワーを手に入れても、サーキットでタイムを伸ばすことは不可能。そのためクルマの挙動に慣れることを提案した結果の仕様というわけだ。

 

 

もちろんサーキットを走るための主要部分はスペックアップを実施。ブラストオリジナルの車高調はメーカー品のセッティング変更ものではなく、ダンパーから全て独自の設計で作られているアイテム。特に延び側を多くとることで、路面追従性を高めているのは大きな特徴。スプリングレートのオーダーも可能なため、セッティング次第ではサーキットだけでなくストリートでも快適に乗れる足回りを作ることも可能だ。

 

 

また、FD3Sのリヤ足作りで重要なのがトラクション特性の向上。ダンパーのセッティングだけでなくボディ側もしっかりと補強することで、コーナーでの挙動も大幅に安定するという。そのためダンパーの変更と合わせてリヤのタワーバー導入はオススメしたいアイテムとのこと。

 

 

ブレーキはパッドこそサーキット走行対応に変更しているが、フロントからブレーキ冷却用パイプを引き込んでいる以外は、元から付いている純正17インチブレーキはそのまま使用。過剰なチューニングを提案するのではなく、あくまでもスキルに合わせたクルマ作りが重要とのこと。

 

 

タイヤもコストパフォーマンスを重視して、17インチのラジアルタイヤでセットアップ。よりパワーを上げてコーナリングスピードが求められるようになるまでは、前後255の組み合わせで問題はない。

 

 

クルマの挙動に慣れるためには適正なドライビングポジション作りが重要。そのためシートやステアリング選びのサポートもしっかりと行っている。安全のためには4点式のハーネスも必須アイテム。

 

「この仕様も十分にサーキット走行は楽しめますし、運転技術が身についたら次のステップに進むのがタイムアップの基本と言えます」とは代表の松川さん。

 

ブラストではスキルに合わせて徐々にステップアップを図ることを推奨しているため、いきなりハードなチューニングはオススメしていないのだという。これからサーキットを走ってみたいという人や、自分のスキルに合わせたセットアップをじっくり詰めていきたいというオーナーにとっては実に心強いショップというわけだ。

 

●取材協力:ブラストエンジニアリング 広島県福山市神辺町川南808-1 TEL:084-960-5441

 

【関連リンク】

ブラストエンジニアリング

http://www.blast-eng.jp