「高機能と遊び心を併せ持つリザルトジャパンのS660エアロに注目!」完全ボルトオン設計のガルウイングドアキットも開発! | web option(ウェブ オプション)

「高機能と遊び心を併せ持つリザルトジャパンのS660エアロに注目!」完全ボルトオン設計のガルウイングドアキットも開発!

高機能エアロパーツからガルウイングドアまで開発!

 

ドレスアップはもちろん空力効果まで考えて設計

 

S660の登場と共に立ち上げられたエアロブランド「リザルトジャパン」。FRPのエアロパーツやカーボンアイテムを手掛ける同ブランドでは、サーキットでも通用する本格的なS660用エアロパーツの開発に取り組んできた。

 

 

ここでは、そんなリザルトジャパンの宣伝塔にしてエアロパーツの開発車両であるS660を紹介しよう。まずフロントは、効果的にダウンフォースを生み出すリップスポイラーやカナードに加え、バンパーダクトやアイライン&カーボングリルカバーをセット。攻撃的なフロントフェイスを構築する。

 

 

ダクト付きのカーボンボンネットもオリジナル。ラジエターを抜けた熱を積極的に引き抜けるような設計だ。純正ボンネットに対して約4kg軽量化できるのも見逃せないメリットだ。

 

 

張り出しを持たせた造形のサイドフラップの他、積極的に空気を取り込むサイドエアインテークダクトも用意。カーボンミラーやカーボンフューエルリッドカバーなどの小物系アイテムもラインナップされている。

 

 

リヤディフューザーは、フロア下を流れる空気を後方へと引っ張り出す効果を狙ったもの。フラップ付きとなっており、迫力のリヤビューを演出する。ちなみにデモカーはパラシュート効果の軽減を狙って、リアバンパーガーニッシュを外した状態でディフューザーを装着している。

 

 

ハードトップはFRPとカーボンの2タイプをスタンバイ(予約販売製品)。純正ロールトップより約1kg軽くなる上、富士スピードウェイのテスト走行でも室内に走行風が入り込まないことを確認済みだ。

 

 

そして、水面下で開発を進めていたガルウイングキット(シザースドア)もついに市販化。開発時、“ボルトオン(フェンダー内側はカットが必要)&完全無干渉”を前提とした開閉システムの構築に相当苦労していたが、トライ&トライを繰り返して理想的なドアの開閉アクションを実現。さらにドアは横に開く2段式の設計とし、雨の日などはドアを跳ね上げなくても乗降可能にしている。

 

 

この他、助手席のグローブボックスに設置する3連メーターパネルや、機能性はもちろんデザイン性も追及したGTウイングなど、エスロク乗りには目が離せないチューニングパーツを多数リリースするリザルトジャパン、新進気鋭のブランドとして今後の動向には注目だ。

 

●問い合わせ:リザルトジャパン 大阪府松原市小川5-27-20 TEL:090-7172-7252

 

【関連リンク】

リザルトジャパン

https://www.resultjapan.com/