「世界最速のサラリーマン“アンダー鈴木”はゲームでも速いのか!?」その謎を探るべくeスポーツ“JeGT”プレ大会にエントリーしてみた! | web option(ウェブ オプション)

「世界最速のサラリーマン“アンダー鈴木”はゲームでも速いのか!?」その謎を探るべくeスポーツ“JeGT”プレ大会にエントリーしてみた!

2019/09/08 06:30

アンダー鈴木&粟野如月さん+編集部カギイチでeスポーツ大会「JeGT」に参戦!

 

「実車で速い人はカーゲーでも速い」という噂は本当なのか!?

 

タイムアタックの世界選手権ともいえるWTAC(ワールドタイムアタックチャレンジ)に遠征し、2014年には表彰台の頂点まであと僅か100分の4秒に迫る世界2位を獲得。2015年〜2017年は3位入賞と、活躍を続けているアンダー鈴木。

 

 

シルビア乗りであれば、彼の名前を一度くらいは聞いたことがあるだろう。なにせ、タイムアタックの聖地として知られる筑波サーキットでも、並み居る強豪ショップのデモカーを抑え、箱車のレコードタイムを保持し続けている。ベストタイムは50秒366。GTマシンやワークスデモカーすら凌ぐ速さなのである。

 

 

そのバイタリティたるや感心するのを通り過ごして、呆れてしまうほどだ。アンダー鈴木は、クルマに関係のない普通のサラリーマン。仕事が終わってからクルマイジリに情熱を注ぐ。休みの日も当然、マシンのアップデートをするための貴重な時間だ。まさに365日、コンマ1秒のタイムを削るためにシルビアと向き合い続けている。

 

そんな男を間近で見ていて、WEB OPTION編集部はふと考えた。「この男、もしかしてカーゲーでも速いんじゃないのか?」と。

 

 

早速、我々は即席チームを結成し、9月29日に神戸・六甲アイランドで開催される「Japan electronic sports Grand Touring = JeGT」のプレ大会にエントリー。これは、プロレーシングチーム・プロゲーミングチームがレーシングゲーム(グランツーリスモSPORT)で王座を競うレースカテゴリーで、今回はエキシビジョン戦となる。

 

 

WEB OPTIONチームのメンバーは、アンダー鈴木に加えて連載コラムでおなじみの女性ドリフトレーサー粟野如月さんも強制招集。編集部からはゲーマーのカギイチを投入し、3名で戦いに挑むことにした。

 

他の参加チームを見ると、eスポーツの専門チームはもちろん、トラストやHKS、レイズなどチューニングパーツメーカーも名を連ねているので、とりあえず業界ナンバー1は目指すつもりだ。

 

 

アンダー鈴木は「おれ、グランツーやったことないすよぉ!」と泣き言をいっているが、実車で速い人はカーゲーでも速いという噂がある。もしかしたら、覚醒してプロのeスポーツ選手を超える走りを見せてくれるかもしれない。いや、そう信じている。

 

ちなみに、このプレ大会は一般公開イベントなので、近県にお住いの方々は、応援or冷やかしがてら遊びに来てみてはいかがだろうか。

 

イベント概要

イベント名:JeGT GRAND PRIX ZERO ROUND @KOBE

日時:2019年9月29日(日)10:00~18:00(大会)/10:00〜16:00(屋外イベント)
会場:神戸ファッションマート1階アトリウムプラザ(レース会場) および公開空地(屋外会場)

使用タイトル:PlayStation4用ソフトウェア「グランツーリスモSPORT」

 

【関連リンク】

JeGT

https://www.jegt.jp/