「九州地区屈指のランエボマイスター!」モータースポーツハシモト【SPECIAL SHOP】(PR) | web option(ウェブ オプション)

「九州地区屈指のランエボマイスター!」モータースポーツハシモト【SPECIAL SHOP】(PR)

ランエボを知り尽くした九州地区屈指のプロショップ

 

4G63搭載モデルを電子制御スロットル化する至宝のメニューも開発

 

九州自動車道・植木インターから5分という好アクセスで、ずらりと並んだランエボが看板代わりにもなっているお店がモータースポーツハシモトだ。代表を務める橋本さんはダートラの現役選手であり、マシンは長年ランエボを愛用。過酷な競技シーンを通じ、歴代モデルの特性を隅々まで分析するなど開発データの蓄積量は膨大な数にのぼる。

 

そんな同店が力を入れているのが、エボIXまでのモデルを対象としたエボX用ベースの電子スロットル化。作業はまずフルコン化が前提となるが、単純なアナログ動作のワイヤー式に対し、電子スロットルはECU側での細かいセッティングが可能。さらに今回取材したデモカーのように、アンチラグシステムやローンチコントロールの追加など、より実戦的なバージョンアップにも適している。

 

 

「エンジンやECUなど、すべてをリファインさせてこそ、電子スロットル本来の真価が生きてきます。当社ではLINKフルコンのセッティングも自社内で行なっています。年式が古めなエボにお乗りの方は、トータルなブラッシュアップを検討されてみてはいかがでしょう?」と、橋本さん。

 

同店ではオーバーホールを兼ねて、2.2Lや2.3Lへと排気量アップさせるオーナーも多く、ピットにはボーリング作業を待つ複数の4G63エンジンが見受けられた。と、このように書くと、カリカリのチューニングカー専門店と思われるかも知れないが、お店の雰囲気はゆったり、のんびり。平日でも常連ユーザーが集まり、クラブ活動の部室のような賑わいを見せている。また、これからランエボの購入を考えたいという人には、ベース車探しからしっかりとサポート。充実のランエボライフを楽しむために、万全の体制が整えられている。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

エボVIII-MRのサージタンクに違和感無くボルトオン装着されたエボⅩ用電子スロットル。制御はLINKで行なわれている。これに伴い、アクセルペダルもエボX用に変更。材質が樹脂製のため、フロアには曲がりや破損防止のスペーサーが設けられている。

 

 

テストドライブを行なうMSH橋本さん。エンジンは2.3Lへと排気量アップされ、タービンはトラストTD05-25Gに変更。アンチラグシステムはスイッチによる切り替え式で、迫力のサウンドと共に、凄まじい加速フィールを存分に満喫することができる。

 

 

こちらはクラッチの動作部に、調整機構を加えるための作業。乗り手の好みに合わせたミートポイントの設定を可能としている。地味な内容だが、ドライバビリティの向上には効果絶大。まさにモータースポーツフィールドからフィードバックされた手法と言える。

 

 

お店の外もピット内もランエボでぎっしり。もちろんハード志向のメニューだけでなくオイルやタイヤなど、コンディション管理のための日常的なメンテナンスもオマカセ。その他、サーキット走行会の案内など、気さくな牛島店長が笑顔で対応してくれる。

 

●問い合わせ:モータースポーツハシモト 熊本県熊本市北区植木町内173-1 TEL:096-277-1811

 

【関連リンク】

モータースポーツハシモト

https://motorsporthashimoto.com/