「ゼロヨン8秒台のR35GT-Rデモカーを有するVR38パワーチューニングの先駆者」サブライブ【SPECIAL SHOP】(PR)

公開日 : 2019/08/30 14:00 最終更新日 : 2019/08/30 14:27


デモカーはゼロヨン7秒台を目指して絶賛進化中!

 

R35チューンの先駆者として世界中のハイクオリティパーツを実践テスト

 

発売当初から、R35GT-Rのチューニングに取り組んできたサブライブ。当初は、他のショップ同様に複雑な制御やメカニズムに苦しめられ、ウィークポイントの洗い出しにも翻弄したが、経験を積み重ねるうちにひとつずつ克服。ついには自由にチューニングを進めていける目処をつけた。

 

しかし、日本国内ではライバルとなるショップたちの横並び感も否めず、さらに諸外国のR35GT-Rチューンは日本の国内チューンとは比較にならないほどのスピード感で進んでいくことに歯がゆさを感じていた。

 

 

その歯がゆさを拭うべく始めたのが、今のデモカーであるドラッグ仕様のGT-Rの本格チューン。目標は、まず世界のレベルに追いつくこと。その目標に向けて一歩ずつ着実に駒を進め、現在、そのタイムは圧倒的な差で国内最速となる8秒518を記録し技術とノウハウを証明する。

 

この座を目指すために、佐分さんは他の国内チューナーと同じ手法は選ばず、世界のトップGT-Rチューナーたちが作り、使っているマシンやパーツ、そして樹立した記録を徹底的に検証。世界のあらゆる地域に散らばる高性能パーツを選び出し、デモカーに組み付けトライ&エラーを繰り返してきた。

 

また、その間アメリカに何度となく足を運び頂点に立つマシンの走りや作りを自分の目で見てきたことが現在に繋がっている。そして現在では、世界中のR35GT-Rチューンに精通する国内屈指のチューナーとしてその名を轟かせ、多くのユーザーに得てきたノウハウをフィードバックしている。

 

そんなサブライブが選ぶパーツ、作るパーツはまさに世界のレベル。速さを求めるR35ユーザーなら一度足を運んでおくべきショップのひとつだ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

カーボンパーツビルダーとしても知られる佐分さん。構想から型取り、製品製作まで自らが行うため量産がかなわないが、その品質は高い。オリジナルのドライカーボンバケットシートまで製作した。

 

 

試作のR35用トランクリッド(ダックテール形状)。トランクに関してはドライカーボンだけでなく、ウエットカーボン、FRPもラインアップ予定。

 

 

R35のファインチューンに対してもオススメなのがナイトロの組み合わせ。ブーストアップ仕様にナイトロを組み合わせるだけでも、ゼロヨンで10秒5程度を狙うことができる。コストパフォーマンスの高いチューニングと言えるだろう。

 

 

オリジナルパーツのラージフィルターキット。容量が多く抵抗の少ない大型フィルターを取り付けることでエンジンの保護機能を高めることが可能。価格は2万4800円。

 

 

佐分さんのストリート仕様の愛車は、北米仕様(左ハンドル)のMY17、トラックエディション。ライトチューンだが楽しく走ってくれるという。

 

サブライブ 佐分さん

「最近ではサーキット走行会やドラッグレースを楽しんでいるR35GT-Rユーザーも増えてきて嬉しい限りです。私も多くの経験をしましたので、みなさんのお手伝いできることもあると思います。チューニングやメンテをお考えの際には、ぜひご相談ください。」

 

●問い合わせ:サブライブ 富山県富山市手屋2丁目18-20 TEL:076-482-3751

 

【関連リンク】

サブライブ

http://www.sabulive.jp