「FF車とは思えないド迫力のDTMスタイル!」 片側50mmワイド仕様のBB6プレリュード登場! | web option(ウェブ オプション)

「FF車とは思えないド迫力のDTMスタイル!」 片側50mmワイド仕様のBB6プレリュード登場!

FFマシンの常識を覆すDTMスタイル

 

エンジンルームまで妥協ナシの作りこみ!

 

思わず、フロント駆動であることを忘れてしまいそうなBB6プレリュードの登場だ。

 

 

19インチのレーシングハートRS721(F9.5J+2 R10.5J-12)に合わせてイチから製作されたオーバーフェンダーは、片側50mmワイド仕様となる。この拡大幅に沿うよう、ボメックスのエアロパーツはラインを修正。組み合わせるタイヤは、プロクセスT1R(F225/35-19 R245/35-19)だ。

 

 

ちなみに、ホイールサイズはブレーキキャリパーとのクリアランスがギリギリになるオフセット値をチョイス。リヤにこれほどの深リムを組んだFF車などそうはいないだろう。

 

 

FF車でここまでリヤタイヤを大径化すると、走行性能は間違いなく悪化する。オーナーもそれは承知しているが、求めたのはFFらしからぬスタイル。「究極のかっこよさ」というコンセプトを貫くことで、マイナー車に分類されるプレリュードに誰もが振り返るようなスポーツマインドを与え、脱定番スタイルを実現してみせた。

 

 

エアロパーツはボメックス製(フロントバンパー、サイドステップ、リヤバンパー、ミラー)で、サイドボトムとカーボンボンネットはワンオフ、GTウイングはアペクセラ・エクストリーム製となる。

 

 

ボディカラーは、流麗なスタイリングのラインを強調できるオリジナル調合のグレーでオールペン。さらに、アートファクトリーグラフィックスのバイナルを貼り込んでドレスアップした。

 

 

また、このマシンはカーボン素材を多用していることもポイントだ。アンダーパネルやGTウイング、さらにはボンネット裏側やエンジンルーム内部に至るまでカーボン化しているのである。この作業のために、わざわざH22エンジンを降ろしたというから恐れ入る。

 

 

室内も美しい仕上がりだ。追加メーター類はすべてACオートテクニックで統一。助手席側に見えるのはエアサスのコントローラーで、瞬時に車高のアップ/ダウンが可能だ。

 

 

その他、エンジンはユーロRのカムシャフトを流用していたり、各部にネオン菅を仕込んでいたりと、全方位に渡って妥協のないメイキングのオンパレード。オンリーワンの個性を求めたオーナーのカスタム魂には感服だ。