「内外装をヨーロピアンテイストでまとめたダイハツ・アプローズ」パーツ選択とカスタム手法にセンスが光る!【ManiaxCars】 | web option(ウェブ オプション)

「内外装をヨーロピアンテイストでまとめたダイハツ・アプローズ」パーツ選択とカスタム手法にセンスが光る!【ManiaxCars】

3ボックスセダンのフリをして実は5ドアハッチバック!

 

ダイハツマニアがたどり着いた珠玉の1台!?

 

 

これまでエッセ、オプティ、タント、ストーリア…と、ダイハツ車ばかりを乗り継いできたオーナーのKくん。小学生の時、ダイハツに勤めるお父さんが乗っていたアプローズが好きだったそうで、免許を取ったら自分でも乗りたいと思ってたという。

 

そこでグレードを問わず中古車を探し始めたものの、納得できるクルマがなかなか見つからない。それでも根気よく探して2年が経った頃、ようやく1台のアプローズが出てきた。5速MTで4輪ディスクブレーキ仕様の1993年式中期型リミテッド。もちろん、程度も悪くない。「これは買わなしゃあないなと思って」と、Kくんは当時を振り返る。それが今回取材させてもらったクルマで、実は部品取りとして同じ中期型のAT車も確保してるそうだ。

 

 

取材車両のリミテッドを見ていくと、フロントグリル中央のエンブレムは本来アプローズの頭文字を取った『A』だけど、輸出モデルに装着されるダイハツの『D』に交換。プロジェクター式フォグランプはリミテッドに標準装備される。フロントリップスポイラーは汎用品で、サイドステップとの統一感を出すため黒を選んでいる。

 

世間的に“ネオヒストリック”と呼ばれる80~90年代のクルマはオリジナル(ノーマル)がエライとされがちだけど、OPTION編集長までやったオレからすれば、チューニングとかカスタムとかされてても全然かまわない。

 

ただひとつ、絶対に譲れないのは、「見た目にカッコよくなければダメ!」ってこと。イジリ方がダサイと、まず取材の時のテンションが上がらないし、なにより読者に対して恥ずかしい誌面を作ることになるのがオレ的には耐えられないのだ。

 

 

その点、Kくんのアプローズは写メを送ってもらった時点で「カッコいい!!」と素直に思えた。たとえば、ホイールはACシュニッツァー製BMW 3シリーズ(E30)用の16インチを装着。フロントはそのまま、リヤは18mmスペーサーを介してセットされる。タイヤはサイドウォールが柔らかく引っぱりやすいということで、165/50サイズのナンカンAS-1が組み合わされ、絶妙な車高とフェンダークリアランスで履きこなす。

 

 

手前にスラントしたダッシュボードによって開放感がある前席。最上級グレードのリミテッドはオートエアコンが標準装備となる。モモ製4本スポークステアリングホイールとシフトノブは純正オプション品を装着。

 

 

さらに、内装で注目したいのはシート。前席は2脚ともレカロLXに交換…って、そこまでは普通。

 

 

Kくんがハンパないのはもう2脚レカロを買って生地だけを使い、後席もレカロ仕様にしてることだ。その仕上がりは「純正オプションでこういう設定があったのでは?」と思うほど。極めて完成度の高いフルレカロ仕様をつくり出すなどオリジナリティまでプラスしてるんだから、もう言うことはない。ちなみに、前後席とも純正を残してあるんでフルノーマルに戻すことも可能だ。

 

 

さらに、装着しているしていないに関わらず、ヨーロッパ仕様の純正パーツを多数ストックしているのがいかにも変態的マニアらしいところ。たとえば、メインメーターユニット。実際にそこまで出るかどうかは別として、スピードメーターは210km/hフルスケールで、左右インジケーターの配置も日本仕様とは微妙に違ってたりする。

 

 

また、『D』マーク入りアクリル製ヘッドライトカバー。飛び石によるガラスレンズの割れを防止するアイテムだけど、海外ではこんなのが純正オプションとして用意されてることに驚き。

 

 

さらに、裏面に『Made in Austria』と刻印されたトランクリッドスポイラー。日本仕様のタイプⅠ、タイプⅡスポイラーと形状が異なるだけでなく、ハイマウントストップランプもレスとなる。

 

それらのパーツに対して熱く語ってくれた様子から、アプローズに対するKくんの真っ直ぐな気持ちがビンビン伝わってきた。

 

 

最後に軽く試乗。ロングストローク型となる1.6LのHD-E型エンジンは低回転域でも十分なトルクを発揮。カムカバーはバフがけによって光沢感を出している。プラグコードはウルトラ製に交換。その色に合わせてパイピング類もイエローで統一される。

 

 

1トンちょいの車重もあって、早めのシフトアップでもよく走る。ワンオフマフラーから放たれるエキゾーストサウンドも軽快だ。下からのぞき込むとメインサイレンサーも2分割式とされ、複雑なパイプレイアウトを採用してることがわかる。

 

同じくワンオフの車高調が組まれた足回りはたしかにソリッドだけど、ストローク感がしっかりしてて決して不快ではない。むしろ16インチの50扁平タイヤを考えれば、よく履きこなしてると思えたほどだ。

 

 

ハイマウントストップランプ内蔵型リヤスポイラーはリミテッドに標準装備。3点支持のタイプⅡとなる。ちなみに、中間グレード16Xiと廉価グレード16Liにはトランクリッドベタ付け式のタイプIがオプション設定されていた。また、サイドステップは純正オプション品とは異なり、オーストリア仕様のウレタン製を装着する。

 

■SPECIFICATIONS

車両型式:A101S

全長×全幅×全高:4310×1660×1375mm

ホイールベース:2470mm

トレッド(F/R):1425/1415mm

車両重量:1050kg

エンジン型式:HD-E

エンジン形式:直4SOHC

ボア×ストローク:φ76.0×87.6mm

排気量:1589cc 圧縮比:9.5:1

最高出力:120ps/6300rpm 最大トルク:14.3kgm/4800rpm

トランスミッション:4速AT

サスペンション形式:FRストラット

ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク/ディスク

タイヤサイズ:FR 185/60R14

 

PHOTO&TEXT:廣嶋健太郎(Kentaro HIROSHIMA)

 

【関連リンク】
●バブルマツダを象徴するオートザムのフラッグシップサルーン、クレフって覚えてますか?
https://option.tokyo/2019/08/02/32254/
 
●キミは知っているか? バブル景気崩壊後のマツダを支えた“ショーケンカペラ”を
https://option.tokyo/2019/08/02/32254/
 
●バブル期のマツダはマジでスゴかった!世界に誇りまくった優れた技術の数々
https://option.tokyo/2019/08/01/32081/
 
●CE71VカローラバンにZC32Sスイスポのエンジンを搭載!ダディーモーターワークスが放つエンジン換装の新定番
https://option.tokyo/2019/08/04/32400/
 
●「AMGの存在すら霞むデボネアVシリーズの異端児」生産5台と噂される超絶珍モデル!
https://option.tokyo/2019/08/12/33274/

 

●「競技ベース車でなく、競技車両そのもの!」 WRCグループB、熱き時代の残像。
https://option.tokyo/2019/08/19/33869/