「駆動系のセットアップには絶対的な自信を持つ老舗プロショップ」コクピット荒井【SPECIAL SHOP】(PR)

公開日 : 2019/08/27 15:00 最終更新日 : 2019/08/30 14:31


メカニック6名体制で迅速な作業が可能!

 

足回りやLSDのセッティング、スバル車のカスタムには自信アリ!

 

タイヤ&ホイールのセットアップを筆頭に、フットワーク系のチューニングを得意とするコクピット荒井。創業してからの歴史は四半世紀を軽く超えており、地域に根ざしたアットホームなプロショップとなっている。ユーザー層はサーキット派から街乗りメインのオーナー、そして車種も多様だが、近年はWRXやインプレッサなどのスバル車が急増しているという。

 

車高調やブレーキといった定番のメニューに加え、要望が多いのはLSDのセットアップ。本格的なジムカーナ競技を目指す人はもちろん、雪道を安全かつ快適に走りたい人、ストリートやツーリングがメインの人、それぞれの目的に応じてベストなセットアップをしてくれる。クスコやOS技研といったメーカーごとの特色を把握し、さらにセッティングのデータも膨大な量を有しているため、的確にアドバイスしてもらえるのが頼もしい。

 

メカニックも根っからのクルマ好きばかりで、自動車整備の有資格者も6名と多いため、作業がスピーディかつ正確なのもウリだ。また愛車を思い切り走らせる場を提供するため、春と秋にはエビスサーキット西コースで走行会を開催。次回は9月15日の予定なので、興味がある人はお店に問い合わせてみよう。

 

 

人気のブランドは、足回りならオーリンズやクスコ、ホイールならばレイズやプロドライブ。ローダウン量に対するリム幅やオフセット、最適なタイヤサイズといったノウハウも多いので、ドレスアップ派にとっても頼れる存在だ。

 

店内にはレカロの主要モデルが勢ぞろいし、試座ができるのも魅力。決して安くはないパーツだけに、買ってから「イメージと違う」となるのは避けたい。シートの交換を考えている人も、一度コクピット荒井に足を運んでみよう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

コクピット荒井が手がけたユーザーチューンドだ。オーナーの齋藤さんによると、「パーツ選びの段階から的確なアドバイスをもらい大助かり」とのこと。ホイールはボルクレーシングTE037 6061でタイヤはポテンザS007Aの18インチ、足回りにはオーリンズのDFVをチョイス。クスコのスタビライザーやオクヤマのロワアームバーなども交換済み。LSDはフロントのみクスコの機械式を装着する。

 

 

エンジンやタービンは純正のまま、吸排気系のライトチューンが主流。このWRXはHKSのメタルキャタライザー、AVOのインタークーラーなどを装着する。

 

 

コクピットには視認性を妨げないよう配慮しつつ、デフィーのアドバンスBFメーターをセット。レザーと赤ステッチが印象的なオートプロデュースA3のメーターフードも、インテリアの雰囲気を損なわずお気に入りとか。

 

 

最近は86/BRZのユーザーも増えているそうだ。走行ステージがストリートでもサーキットでも、最初にオススメするのは足回りとブレーキ関係。スプリングのレート変更やパッド選びなども気軽に相談して欲しい。

 

コクピット荒井 森浦さん

「走りを劇的に変えるパーツとして知られる機械式LSDですが、効きを強めたり弱めたりすることで、よりタイムや安全性に結び付けることができます。ストリートからサーキット仕様まで、相当な数をこなしているので、乗り方やステージに合わせたセッティングはお任せ下さい。クロスミッションやファイナルの変更も含め、駆動系のチューニングには自信あります!」

 

●問い合わせ:コクピット荒井 福島県郡山市安積荒井2-333 TEL:024-946-3900

 

【関連リンク】

コクピット荒井

http://cockpit-arai.jp