「通好みなガンメタ2トーンの鉄仮面」FJ20改2.1LにRHX6タービンを組み合わせた400ps仕様!【ManiaxCars】 | web option(ウェブ オプション)

「通好みなガンメタ2トーンの鉄仮面」FJ20改2.1LにRHX6タービンを組み合わせた400ps仕様!【ManiaxCars】

SR20以上のポテンシャルを持つFJ20ET

 

80年代前半に勃発したパワーウォーズの牽引役

 

6代目スカイラインR30の中で、4バルブヘッドを持つ2.0L直4DOHCのFJ20E/ETを搭載するのが、RS/RSターボというグレード名が与えられたDR30。デビューした81年当時、NAで150psだったパワーは83年のターボ化で190psへと引き上げられ、その翌年、俗に“鉄仮面”と呼ばれる後期型になるとインタークーラー追加で205psまで向上した。

 

「短いスパンでのマイナーチェンジはユーザーの気持ちを無視している」と言われたけど『史上最強のスカイライン』なるキャッチコピーを掲げたDR30は、国産車メーカーがしのぎを削った80年代前半の“パワーウォーズ”において、間違いなく中心的存在だったといってイイ。

 

 

そんなDR30のチューニングを得意とするのがスクリーン。取材車両はゼロヨン仕様として製作された1台だ。エンジン本体は、腰下に純正2mmオーバーサイズとなる東名91φ鍛造ピストンを組みこんで排気量を2.1Lに拡大し、ポート研磨や燃焼室加工を施したヘッドにはIN/EXともHKS272度カムシャフトをセット。

 

 

燃料系はボッシュ燃料ポンプと720ccインジェクターで容量アップを図り、そこにボールベアリング式でレスポンスに優れるIHI製RHX6タービンを組み合わせ、最大ブースト圧1.5キロ時に400psを発揮する。

 

 

エンジンの細部を見ていく。まず、スロットルはバタフライバルブ径φ80のインフィニティQ45用を流用。ワンオフのインテークパイプや大容量サージタンクと併せて、吸気効率を最大限に高めている。また、インタークーラーの直後には押し込み式でZ32エアフロがセットされ、環境に左右されない安定した制御を実現している。

 

 

フロントオーバーハング部にはトラストインタークーラー&オイルクーラーをセット。前後に並べて装着できるくらいスペース的には余裕がある。ラジエターはノーマルだけど、容量的には問題ナシ。

 

 

エンジン制御にはパワーFCを導入。ただし、FJ20用はラインアップされていないため、ハーネス加工を施した上でRNN14用を使っている。かつてDR30で定番だったパルサー純正CP流用とおなじ要領だ。

 

「FJ20はシリンダーブロックが鋳鉄製だから、とにかく頑丈。また、ヘッド周りもインテークポートがハンパでなく大きかったり、ロッカーアームを持たない直打式のカム駆動やインナーシムでのバルブクリアランス調整など、高回転志向でパワーを出しやすい設計なんです。チューニングベースとしての素性はSR20よりもイイと思いますよ」とスクリーン千葉さん。

 

600psまでは十分許容範囲で、仕様によっては700psオーバーも狙えるそうだ。実際、スクリーンでは2.1L+T88仕様に最大ブースト圧2.2キロをかけて、ダイノパック上で690psまで確認しているという。

 

ちなみに、レブリミットはヘッドチューンによって1万rpmを達成できるけど、バルブスプリングがノーマルでも9000rpmまではサージングを起こすことなく回ってくれる。徹底的にヘッドチューンを行っても、常用9000rpm+αが限界とされるSR20に比べると、FJ20がいかに高回転志向かってことも分かるはず。

 

パワーを求めるにも高回転化を狙うにも、FJ20がキッチリ応えてくれるのは間違いない。それだけポテンシャルも高いわけだ。

 

一方で、シリンダーブロックにスが入りやすいためボアアップには向いていないとか、タイミングチェーンの油圧テンショナーがヘタリやすく、3万kmも走るとガラガラ音が出始めるとか、ウィークポイントも確かにあったりする。ただ、いずれも対処の施しようはあるから、チューニングを進めていく上で、それらが大きなデメリットになることはない。

 

 

メーターパネル中央にオートメータータコメーター、メータークラスター左側にはトラストブースト計を装着。ゼロヨン仕様として製作されたことを物語っている。また、センターコンソールにはトラスト油温/排気温計もセットされる。

 

 

また、運転席はブリッドジータ、助手席はBNR32純正に交換。センターピラーレス構造によるボディ剛性不足を解消するため、6点式ロールケージも組まれている。

 

 

足回りにはピロアッパーマウントを持つ車高調(メーカー不明)と調整式ロワアームが組まれ、キャンバー調整範囲を広げている。ブレーキはS14純正4ポットキャリパーで容量アップ。リヤはオーリンズ改車高調が組まれるほか、デフマウントのリジッド化なども行われている。

 

 

足もとを飾るホイールは、16インチのRSワタナベエイトスポーク。フロント7.5J、リヤ8Jに205/55、225/50サイズのアドバンネオバが組み合わされる。オーソドックスなホイール選択だけど、DR30にはコレが一番しっくりくる。

 

 

名機FJ20をボンネットの下に収めたDR30。登場からすでに35年が経つけど、今でもチューニングベースとしての魅力はたっぷりなのだ。

 

PHOTO:市 健治(Kenji ICHI)/TEXT:廣嶋健太郎(Kentaro HIROSHIMA)

 

●取材協力:プロショップスクリーン TEL:022-348-3761

 

【関連リンク】

プロショップスクリーン

http://www.screen-powers.net