「泣く子も黙る700馬力のファミリア3ローターターボ仕様!」最新のチューニング技術を駆使した細部の作りは必見! | web option(ウェブ オプション)

「泣く子も黙る700馬力のファミリア3ローターターボ仕様!」最新のチューニング技術を駆使した細部の作りは必見!

衝撃のファミリア3ローター700馬力仕様

 

超オバフェンに収まるリヤタイヤは片側2本仕様!?

 

カナダのブリティッシュコロンビアで20年以上続くホットロッドのプロショップ「ホット・ロッズ・レストス」が製作した72年式R100(ファミリア・ロータリークーペ)の登場だ。手数の多さとディテールへのこだわりは、度を越したレベルに到達。製作には2年を要したという。初めて手がけた日本車のベース車としてR100を選んだ理由は、単純に好きだったからとのこと。

 

 

エンジンは10A型2ローターから20B型3ローターに換装され、ボルグワーナーのS400SX-Eタービンで過給。マイクロテックのLT-16Cフルコンで制御され、最大ブースト18psi(約1.26キロ)で700馬力を発生させるモンスターだ。

 

 

トランクルームにはエタノール燃料(E85)を使用するフューエルシステムを構築。リンクのレイアウトから作り変えたリヤサスペンションもカスタムメイドとなる。

 

 

トレメックのT56ミッションが剥き出しで置かれた状況を、どう理解すればいいのか思わず悩んでしまう室内。シャーシは4130クロモリ鋼管で完全にイチから作り直されている。

 

 

ホイールの純正サイズを基準にすると理想的なロープロファイルのタイヤが使えないということから、「じゃあ手に入るタイヤのサイズに合わせてホイールを作っちゃおう」という発想でオリジナルリムを製作。「どうせなら目一杯ワイドにしたい」ということで、リヤタイヤは205/40R16を2本並べた大型トラックのようなデューリー仕様に変更!

 

 

ワークスフェンダーやダックテール風のリヤスポイラーなど、どことなく日本の“街道レーサー仕様”を匂わせつつ、最新のチューニング技術でまとめあげられたR100のホットロッドスペシャル。SEMAショー2018において、その年のベストカーを決する「バトル・オブ・ビルダーズ」でトップ4の栄冠を手にしたのも納得だ。