「ROWENの美しきWRX STI(VAB)後期型スタイル」“上質さ”と“スポーツ性”が共存するエクステリアに大注目! | web option(ウェブ オプション)

「ROWENの美しきWRX STI(VAB)後期型スタイル」“上質さ”と“スポーツ性”が共存するエクステリアに大注目!

上質かつ優雅な大人のスポーツセダンを目指して

 

エアロスタイリングとハンドリングに注目

 

上質な雰囲気とスポーツ性の共存をコンセプトに掲げるROWEN(ロエン)。そのコンセプトに従ったエアロメイクで、多くのファンに満足度の高いフォルムを提供する同社が、VAB後期モデル用としてラインナップするのがこのエアロキットだ。

 

 

もちろん、VABのエアロパーツとして求められる性能面はダウンフォースを稼ぐデザインを積極採用し、ストリートで映えるスタイリングとスポーツ性を生み出している。このエアロパーツはハーフタイプを採用することで、純正バンパーとのバランスを重視しているのもポイントだ。

 

■フロントスポイラー:6万円(FRP素地)/8万円(FRP塗装済み)/11万8000円(カーボン) フロントグリルエクステンション:6万円(カーボン) ロアグリルエクステンション:5万円(FRP素地)/6万5000円(FRP塗装済み)/8万5000円(カーボン)

 

 

フロントは、洗練された大人のスポーティ感を高めるコーディネイトでカーボン素材を取り入れた。アンダースポイラーだけでなく、グリルやインテークなどにもアクセント付けを行うことで、スポーツセダンのキャラクターをより上質なムードに仕上げてくれる。

 

■アイラインガーニッシュ:1万7000円(FRP素地)/2万9000円(FRP塗装済み)/4万6000円(カーボン) ボンネットダクトエクステンション:2万2000円(FRP素地)/3万4000円(FRP塗装済み)/4万4000円(カーボン)

 

 

フロントフェンダーは片側10ミリのワイド化が行われつつ、ダクトを設けることでマッシヴボディを強調。より深いホイールと組み合わせることで、ストリート映えも十分。このフェンダーは前期/後期共に装着可能。

 

■フロントフェンダー:12万1000円(FRP素地)/17万1000円(FRP塗装済み) サイドダクトエクステンション:7万5000円(カーボン)

 

 

ボディサイドは翼端板形状を採用したサイドアンダースポイラーに、サイドアンダーフラップをプラス。空力性能を高めるコンビネーションは安定した走りをサポートしてくれる。

 

■サイドアンダースポイラー:6万6000円(FRP素地)/7万円(FRP塗装済み)                           

 

 

オリジナルデザインで作られたウインカーミラーは、シーケンシャル点灯するアロー(矢)形状の発光部を取り入れることでイメージを一新。カラーバリエーションはブラッククロームとクリアクロームの2色。

 

■LEDシーケンシャルドアミラーウインカーキット:3万5000円

 

 

パラシュート効果を防ぐダクト形状はもちろん、STI製のリアアンダースポイラーと同時装着も可能なリアバンパー。アレンジの幅が広がることで、より個性的なフォルムを作り上げられる。

 

■リアバンパー:12万1000円(FRP素地)/15万6000円(FRP塗装済み)/17万6000円(FRP塗り分け塗装済み)

 

 

リヤまわりにはトランク後端部に装着するトランクスポイラーと、純正ウイングにプラスするリアガーニフラップを用意。サーキットパフォーマンスを意識したコーデで、スポーツ性をアップしてくれる。

 

■リアガーニーフラップ:4万2000円(FRP素地)/5万4000円(FRP塗装済み)/9万4000円(カーボン) トランクスポイラー:4万2000円(FRP素地)/5万4000円(FRP塗装済み)/9万4000円(カーボン)

 

 

オリジナルデザインで製作されたアグレッシブLEDテールランプ(8万3000円)は、左右合計52個のLEDを使用することで純正にはないゴージャスな輝きを演出。オリジナリティを追及するVABユーザーにはオススメの製品だ。

 

これらのスタイリングパーツはどれも個性と違和感のない美しさを兼ね備えているため、革新的なVABストリートスタイルを作り上げてくれるはずだ。

 

また、エアロパーツのみならず、よりスポーティな走りを体感できる数々の機能パーツも用意しているのがロエン流だ。

 

 

足元を飾りつつ、バネ下重量の軽減も可能にする1ピースホイールはオリジナルの「フレイム・RRS001」だ。ストリートからワインディングまで安心してアクセルを踏み込める、扱いやすさと乗り心地を重視した車高調も用意されている。

 

■フレイムRRS001ホイール:5万7000円〜 プレミアムゼロDSサスペンション:26万円

 

 

レーシングスペックから可変バルブ付き、ロング/レギュラーなど使用環境に合わせた豊富なバリエーションをラインナップするプレミアム01TRマフラー(38万円〜)。チタン素材ならではのヒートブルーに彩られたテールパイプも美しい仕上がりに貢献している。

 

 

2019年のオートサロンでお披露目されたロエンオリジナルのカーボンステアリング(7万円)。カーボン×レザーの組み合わせやガングリップ形状など握りやすさにもこだわりつつ、純正のスイッチ類やエアバッグが使用できる優れもの。

 

 

ストラットバーをイメージしてアルミで製作されたバッテリーホルダー(7500円)は、汎用部品としても人気のアイテム。サイズはMとSの2タイプが用意され、VABならMサイズをチョイス。

 

 

シンプルな形状を採用し、インタークーラーなどにも干渉しない構造のオリジナルのストラットタワーバー(2万円)。ストラット上部のたわみを抑えることでシャープなハンドリングを実現してくれる。

 

 

フロントのコアサポート左右とセンターフレームを接続するフロントレインホースメント(2万4000円)や、リヤのロワアームとクロスメンバーを結ぶリアサイドホースメント(1万9500円)、デフケースとクロスメンバーをつなぐリアレインホースメント(2万4000円)など、要所に補強を加えることでボディ剛性アップやパワーロスを最小限に抑える。

 

 

大人の雰囲気を纏ったスポーツセダンをさらに美しく、そして過激に走らせることが可能なラインナップ群。派手に飾り立てるカスタマイズとは異なり、こうした奥深い表現が出来るところに、ロエンの底力があるのだろう。

 

●問い合わせ:ROWEN事業部 愛知県豊田市是本町山畑7番地 http://www.rowen.co.jp

 

【関連リンク】

ROWEN事業部

http://www.rowen.co.jp