「大阪環状に魅了されて・・・」1983年1月1日、1周10.4kmの巨大ステージが走り屋によって埋め尽くされた【Play Back The OPTION】 | web option(ウェブ オプション)

「大阪環状に魅了されて・・・」1983年1月1日、1周10.4kmの巨大ステージが走り屋によって埋め尽くされた【Play Back The OPTION】

1周10.4kmの巨大ステージに挑む無法者たち

 

1983元旦、大阪環状

 

ピークは1980年代。有名無名のチームがこのステージで暴れまわっていたが、1980年代後半あたりからチーム同士の抗争や事件が急増。死亡事故も増え、無法地帯と化しつつあった大阪環状であったが、警察による取り締まりの強化やバブル景気の終焉など、複合的な要因の重なりにより一気にブームが衰退していったのである。

 

 

もちろん、OPTION誌は全盛期の大阪環状を幾度となく取材しているわけだが、ここでは数ある大阪環状記事の中で、最も盛り上がったであろう1983年の元旦走り始めの模様をプレイバック!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

激走最前線 新春走り初め 年に一度の無礼講、見よ堂々の大行進!

 

 

めでたく明けた、’83年正月。例によって三が日は全国的に交通量がグンと減少、過密国日本も気持ちのいい走りの別天地に大変貌。と思いきや、ドッコイ、走り屋の西の本拠大阪では、ちょっと事情が違うようで・・・。

 

健在! 関西の土性骨に脱帽

 

1982年末は、関東の走り屋にとって、受難の師走であった。ゼロヨン、キャノンボール、さらには首都高レーサーの検挙を報じるニュースが大々的にTV、新聞紙上を駆け巡ったのである。ともあれ、関東では警察プラス御用マスコミが共同歩調で、年末年始の走り初め威嚇キャンペーンを激しく展開し、結局、大晦日の年忘れゼロヨン大会も流れてしまった。

 

 

 

「正月の大阪環状はオモロイで」との風聞は以前から耳に入っていた。それも、今春初イベントというのではない。歴史と伝統ある新春恒例の走り初めだというのだ。

 

「元旦の初日の出は、環状で見るのが大阪の走り屋や!」「1年に1度、この日のために出てくるマシンもあるで!」いずれにしろ、関西の走り屋の土壌は厚い。その看板に偽りない土性骨のすわり具合に、キミもトクと注目して欲しい。

 

【ミニ実録】

 

1月1日、午前0時「新年明けましておめでとう」の挨拶と共に、環状線へとクルマを向ける。0時30分、LOOPはすでに、ヘッドライトの光列がずらりとつながっていた。ちなみに大晦日の午後11時ごろは、閑散としていたのだが。

 

 

「初詣のクルマがドッと繰り出してきたのだな。この内、環状走り初めに来たクルマは何%くらいだろう」と、周囲のクルマに目を走らせる。それはちょっと信じられない光景である。環状線1周10.4kmが、グルッと走り屋によって埋め尽くされているのだ。「関西人はみんな知っとるから、初詣なんか行くんは、下走るのとちゃう?」というわけだ。

 

 

<なんちゅうたって正月やで。愛車はバッチリ磨き上げ、お飾りも付けてやらんと。それでさりげなくナンバー隠すのが、コツといえばコツや!>

 

元旦だというのに、府警も総出で検問体制をしいている。環状と放射線の分岐で車線を絞り、環状線への流入を極力規制しているのだ。そのため、分岐手前では、慢性的な渋滞に拍車がかかる。しかも、その渋滞の中には、レーシングスリック装着車や、ナンバーをマスキングしたマシンまでが堂々と混じっているからオドロキだ。彼らは上手く検問のキーポイントを外すのだ。

 

「83年、ハンパじゃない年になりますように!」・・・関西走り屋一同年初の誓い。

 

 

ちなみに元旦の朝、東京・首都高は、一般車のつまらぬ事故と、川崎大師への初詣客で終夜渋滞していたという。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まさにリアル「ナニワトモアレ」の世界。「環状族」はすでに都市伝説的なものとなっているが、たしかにあの頃、彼らはあの場所にいた。そして目に見えぬ何かに抗うように、1周10.4kmの巨大なステージを走り続けていたのだ。

 

 

[OPTION 1983年3月号より]