「最高速戦国時代の幕開け」東名レースの延長線上にスタートした谷田部最高速テストを振り返る【Play Back The OPTION】 | web option(ウェブ オプション)

「最高速戦国時代の幕開け」東名レースの延長線上にスタートした谷田部最高速テストを振り返る【Play Back The OPTION】

TRUST大川トランザムが264.71km/hでトップスピードをマーク!

 

ドライバーは高橋国光&望月修の豪華タッグ!

 

OPTION誌の谷田部最高速テストといえば、数々の伝説が誕生した名物企画だ。その始まりは1981年10月号まで遡る。

 

 

当時の走り屋たちは、週末になると東名高速へ上がり、海老名SAから瀬田・東京料金所までの30km区間を全開で走る「東名レース」に明け暮れていた。その中でトップを走っていたファイターたちを中心に行われたのが、第一回目の谷田部最速速テストだ。

 

 

テストドライバーは、自動車メーカーの最高速テストを知り尽くした自動車評論家・望月修氏と、トップレーサー・高橋国光選手の2名。万全の布陣だ。

 

1981年8月16日、快晴の日本自動車研究所(JARI)。栄光と衝撃の第一回最高速テスト、その記憶を振り返っていこう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●RE雨宮自動車 RX-7(SA22C) 最高速:234.53km/h

 

 

驚異の加速力!

 

最高速テストの一番手は、RE雨宮のRX-7ターボ。5速7000rpm、凄いスピードでバンクから直線へ。楽に250km/hオーバーのペースだ。油温計が110度以上を指したとたん、ブローアップしたような状態になり、計測地点で突如、白煙を吹いた! バックミラーは煙で見えない。エンジンか。いやターボに異常発生。しかし、スローダウンしながらのこの速さは驚異的。ピレリタイヤは心配なかったが、直線でややフラつくのが気になる。しかし、無念!

 

 

SPEC:13Bサイドポート+エアリサーチ製ターボ+シグマ・水冷インタークーラー/250ps以上/オリジナル・ポート加工/ウェーバー48φキャブレター/ボーグ&ベッグ製クラッチ/オリジナル・サスペンション/コーエイCDI/他

 

 

 

●トランザムSPL by大川(TRUST) 最高速:264.71km/h

 

 

本日のベストタイム! が!! タイヤ、バーストす・・・

 

「ヤバイ!」バンクから猛烈なスピードで駆け下りた高橋選手ドライブのトランザムSPLが一瞬、グラッときた。タイヤ・バーストだ。直線を必死にコントロールする。さすが国さん!  最高速記録264.71km/hをマークし、再度トライしたときの出来事だった。しかし、この記録はトランザムの大トルクがモノをいっている。バンクで5速4500rpmから全開にすると、計測区間で5750rpmまで引っ張る。オーナー・TRUST大川さんは「レブリミット7000rpm、だけど今日は6500rpm以上でバラつきます」とのことだが、7.6リットルの大排気量で安心して回せるクルマは滅多にない。2回めのトライでバーストしたけど、BFグッドリッチではパワーにタイヤが負けているから要注意だ。

 

 

 

SPEC:V8シボレー467 7.6L/レース用4ボルト式/TRW高圧縮ピストン/鍛造製スペシャル・クランクシャフト/ウェーバー48IDEダウンドラフト4連装/オリジナルINマニホールド/ダグナッシュセイ5MT/4輪ベンチレーテッド・ディスクブレーキ/KONI+モンローダンパー&スプリング/550ps

 

 

 

カーショップ311 フェアレディSR311 最高速:200.00km/h

 

 

80年代に蘇るレーシングSR

 

黄金の60年代を疾走したSR311は、フル・レーシング仕様。U20型エンジンは高回転がややフケずに記録的には不調に終わった。が、久しぶりのレーシングSRは昔を思い出して気持ちが良かった。空力的には200km/hが壁だが、更なる煮詰めに期待!

 

 

SPEC:U20改2160cc/ソレックス50φ・メインジェット200-210・エア190-170/圧縮比11.0/200ps

 

 

 

●スピードショップ久保 フェアレディZ 3L 最高速:257.60km/h

 

 

ニッサンL型パワーの元祖、ソレックスチューンの280psだ

 

L型がこんなにふけるなんて信じられないほどだ。メカチューン280psは音もいい。1周めに257.14km/h、そして2周めにこの記録だ。最高速は5速7600rpm。水温も90度くらいで心配ない。ただ、7300rpmあたりでキャブの息つきが気になった。速いけれど、サスペンションが弱くバンクで全開出来ないのが難点だ。

 

 

SPEC:L28改2900cc/ビッグボア・ピストン/ボア×ストローク=88.5×79mm/ビッグバルブ/74度カム/ソレックス50φ/280ps

 

 

 

●パル・インターナショナル プレリュード・ターボ 最高速:173.91km/h

 

 

追い越し加速に注目!

 

エンジンの非力さに難のあるプレリュードだが、コイツは+ターボでチューン。EK型CVCC IIと日立製HT18-38Bとの相性もいい。3000rpmから非常にコンスタントにブーストがかかる。最高速時は5500rpm程度だが、パワー、足まわりともセッティングは文句ナシ。ストリートチューンながらノーマル・レビン(171.9km/h)より速いのはさすが!

 

 

SPEC:日立製HT18-38B/ノーマルキャブレター+オリジナル・フューエルポンプ+プレッシャーセンサー×2/セカンダリー・ベンチュリー燃料増量インジェクター/120ps

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この第一回谷田部最高速テストから幕を開けたトップスピードバトルは、280km/h、300km/h、320km/h…と、徐々にターゲットスピードを上げながら突き進んでいくことになる。

 

[OPTION 1981年10月号より]