バブルマツダを象徴するオートザムのフラッグシップサルーン、クレフって覚えてますか?【ManiaxCars】 | web option(ウェブ オプション)

バブルマツダを象徴するオートザムのフラッグシップサルーン、クレフって覚えてますか?【ManiaxCars】

個性的すぎるルックスがアダとなった稀有な珍セダン!?

 

キャッチコピーは「新世代スポーツサルーン」!

 

マツダが販売店5チャンネル化を展開していた1990年代前半、キャロルやレビュー、AZ-3など小型車を中心に扱ってたのがオートザム店だ。そこへ『新世代スポーツサルーン』なるキャッチコピーを掲げたクレフが92年に投入された。

 

まず個性的なのはフロントマスクだけど、30ソアラやCR-Xデルソルを思わせる顔はやっぱセダンには似合わない。もうひとつ、フロントグリルレスってのも日本で受け入れられなかった理由なんじゃないだろうか。ただ、これにはマツダも「マズイ…」と気づいたようで、フロントエンブレム左右に3本ずつグリル風横長スリットを入れたリミテッドXなるグレードを追加。しかし、フォグランプが下に移設され、かつ大型化されたんで、中途半端なラリーホモロゲモデルみたいな見てくれになっちゃったのが残念すぎる。

 

 

専用ボディパネルが与えられたクレフはクロノスと同じ3ナンバーながら、全長で25mm、全幅で20mmコンパクトな設計。Bピラー以降のルーフラインを見ると、メルセデスベンツCLSに端を発すると思われている4ドアクーペに近いスタイルをいち早く採り入れてたように思えなくもない(笑)。

 

グレードはKF-ZE型2.0L V6(160ps/18.3kgm)搭載のV6 2.0/同タイプLS、KL-ZE型2.5L V6(200ps/22.8kgm)搭載の2.5 V6/同タイプX/同タイプXSで展開し、93年11月にFS-DE型2.0L直4(125ps/17.6kgm)を載せる2.0 4WDが加わった。ミッションは全グレード4速ATのみの設定となる。取材車両に搭載されるのは60度のバンク角を持つ2.5L V6のKL-ZE型。

 

 

K型エンジンは、登場時に世界最小のV6だった1.8LのK8-ZE型(140ps/16.0kgm)、2.0LのKF-ZE型(160ps/18.3kgm、後期170ps)、リショルムコンプレッサーで過給する世界初のミラーサイクルエンジン、2.3LのKJ-ZEM型(220ps/30.0kgm)と計4種類が存在した。

 

走りは、このクラスにしては軽量な1250kgの車重に排気量2.5Lのエンジンを積んでるんだから、下からトルクでグイグイ引っぱってってくれるのを期待してた。が、2500rpmくらいまでのトルクが思いのほか細く、積極的にアクセルを踏まないとダメ。日常域では多少カッタるい思いをしそう。

 

 

逆に3500rpmを超えてから盛り上がってくパワー感とシャープな吹け上がりは、完全にスポーツユニットのそれだ。ショートストローク型らしいキレの良さで、レッドゾーンが始まる7000rpmまで気持ちよく回り切る。

 

 

ハンドリングは、ステアリング操作に対するノーズの動きがかなり機敏。そもそもマツダのクルマは総じて走りがスポーティだし、これなら『新世代スポーツセダン』をうたうに値する。ステアリングのセンターパッドに入るロゴが『AUTOZAM』に変わるだけで、ダッシュボードのデザインはクロノスとまったく同じ。メーターも同様だ。

 

 

また、シートはスポーティ志向を強めた性格から前席はサイドサポートが大きく、デザインを含めてクロノスよりも若々しい印象。最上級グレードのタイプXSにはパワーシートがオプション設定される。シート表皮は2.0Lモデルのファブリックに対して、2.5Lモデルではモケット。

 

 

センターアームレスト付きの後席は背もたれが6:4分割の可倒式でトランクスルー機能を持つ。

 

 

ラゲッジルームは天地方向のスペースにやや物足りなさを感じるかもしれないけど、容量としては十分に実用的。トランクパネルはバンパー直上から開くため開口部が大きく、荷物の出し入れもしやすそうだ。

 

■SPECIFICATIONS

車両型式:GE5PA

全長×全幅×全高:4670×1750×1400mm

ホイールベース:2610mm

トレッド(F/R):1500/1500mm

車両重量:1250kg

エンジン型式:KL-ZE

エンジン形式:V6DOHC

ボア×ストローク:φ84.5×74.2mm

排気量:2496cc 圧縮比:10.0:1

最高出力:200ps/6500rpm 最大トルク:22.8kgm/5500rpm

トランスミッション:4速AT

サスペンション形式:FRストラット

ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク/ディスク

タイヤサイズ:FR195/65R14

 

TEXT:廣嶋健太郎(Kentaro HIROSHIMA)

 

【関連リンク】
キミは知っているか? バブル景気崩壊後のマツダを支えた“ショーケンカペラ”を【ManiaxCars】

https://option.tokyo/2019/08/02/32254/

 
バブル期のマツダはマジでスゴかった!世界に誇りまくった優れた技術の数々【ManiaxCars】
https://option.tokyo/2019/08/01/32081/