【粟野如月コラム】車内温度が60度近くなる真夏のレースは「クールスーツ」で集中力アップ!【KISA’s DRIFT LIFE vol.20】 | web option(ウェブ オプション)

【粟野如月コラム】車内温度が60度近くなる真夏のレースは「クールスーツ」で集中力アップ!【KISA’s DRIFT LIFE vol.20】

梅雨も明けて連日猛暑が続いていますね。でもモータースポーツはシーズン真っ只中! 真夏の大会必須アイテム”クールスーツ”デビューしました!

 

暑さとの戦い

 

真夏日はただ街中を歩いているだけでも本当に暑いですよね。それが屋根も少ないサーキットで、そして灼熱の車の中…、実際どれくらい暑いのか想像したことはありますか? JAFが発表しているテスト結果によると、日中炎天下に4時間放置した車内温度は50~60度。ダッシュボードはなんと80度近くまで上がるんだとか!そりゃ暑いはずだよ…。

 

 

競技車両は基本的にエアコンはないし、そして軽量のためにアンダーコートなどは剥がしてしまうもの。さらにあの分厚いレーシングスーツ…、10分も走り続けるとすぐに汗が吹き出てきます。

 

ドリフトだけではなくレースも数回経験しましたが、もっとも暑さを感じるのがドリフトだと思います。ドリフトはレースのように走り続けることはなく、ほかの選手が走っている間はスタートライン手前で何分も待機しなければならないので風のない日はこの待機時間が1番辛い! だんだん頭が回らなくなってきます。

 

クールスーツデビュー

 

数年前までクールスーツは本当に高価なもので、さらに海外製ばかりでアフターサービスはゼロ。もし壊れたらそこで終了なかんじで、これ買うぐらいなら馬力上げるよと思っていました。でも、今はだいぶ手の届きやすい価格になってきましたね。今回は『HPI』クールベスト&ボトルフルセットをご紹介します。

 

クールベストは人体工学に基づいて、なんとあのJAXAが開発したもの。1着に計16mのシリコンチューブが張り巡らされているのですが、効率よく体を冷やせるようにちゃんと考えられたルートを通っているんだとか。

 

 

ボトルは約700mlで、このように直接氷を入れたり、凍ったペットボトルなんかでもOKだそうです。バッテリーは充電式で横のポケットに入っています。これを車内の助手席や、運転席後ろのロールバーなどに固定して、ベストを着たドライバーが乗り込んだあとカプラを接続すれば準備完了! けっこう簡単ですね。

 

実際に使ってみると、水が動いているのが分かるのではじめは服が濡れてきているような不思議な感覚でしたが、数分走って車内温度が上がってくると水の冷たさを感じます。10分1ヒート走っても、水の冷たさは変わらずほとんど汗もかかない状態でした! すごい!!

 

集中力は馬力に勝る!?

 

 

車がオーバーヒートするように、当然人間も暑すぎると集中力が切れるもの。大会はただでさえ緊張感の中で走るので、暑さをすこしでも抑えて冷静にいろんなことが判断できれば、本来のパフォーマンスを発揮できる確率がグッと上がるはずですよね!

 

今までの暑さ対策は足元に断熱シートを貼ったりファンで車内の空気を循環させるぐらいのもので、どれも劇的な効果は感じられませんでしたが、これは本当に驚き!馬力UPもいいけどもっと使いたかったー!!

 

 

夏のサーキットではなくてはならないものになりそうです。今回ボトルタイプをご紹介しましたが、もっと容量の大きいものや、ベストではなくシートタイプも登場しています。

 

詳しくはこちらをチェックしてね!

 

【関連リンク】

▶︎HPI

http://www.hpi.co.jp

 

●公式HP

http://www.kisaspec.com

 

●Instagram

https://www.instagram.com/kisa_awn/

 

●Twitter

https://twitter.com/kisaragi_awano

 

●Facebookファンページ

https://www.facebook.com/kisaspec/