【D1グランプリ第3&4戦】RE雨宮K&N RX-7が2連勝!「馬力で劣るロータリーがなぜ勝てたのか!? 」チーム関係者に話を聞いた | web option(ウェブ オプション)

【D1グランプリ第3&4戦】RE雨宮K&N RX-7が2連勝!「馬力で劣るロータリーがなぜ勝てたのか!? 」チーム関係者に話を聞いた

馬力で劣るロータリーがなぜ勝てたのか!?

 

「RX-7には数字では現れない高いトラクション性能があると思う」ドライバー松井有紀夫

 

D1グランプリ2019シリーズ第3&4戦(デュアルファイナルズ)が7月27日〜28日の2日間、十勝スピードウェイで行われ、チームRE雨宮K&Nの松井有紀夫(RX-7)が両ラウンドを制し、完全勝利を成し遂げた。

 

 

現在のD1グランプリ車両は、大半がトヨタの2JZ-GTEを換装して1000馬力近いパワーを発揮するモンスターばかり。一方のRE雨宮RX-7は、20Bベースの3ローターターボでMAX700馬力。300馬力の差は計り知れず、これまで何度も悔しい思いをしてきた。それにも関わらず、パワーがモノをいう高速サーキットで勝てた理由は一体なんなのだろうか。チーム関係者に話を聞いた。

 

 

「まずひとつは、ファイナルギヤやサスペンションなどのセットアップが十勝の審査基準にハマッていたことですね。ちなみにファイナルは4.1、足はエンドレスジールファンクションです。レシプロとのパワー差については、う〜ん、ロータリーって高回転域のパワー追従性が良いんです。ウチのは8300rpmまで回してますけど、その領域でもしっかりとパワーが付いてくる。それこそがロータリーの強みだと思ってますし、レシプロ勢とのパワー差を埋める要素なのではないでしょうか」とは、RE雨宮の工藤メカ。

 

 

ドライバーの松井選手は、RX-7と他のレシプロ勢の走りについて「良くも悪くも、ロータリーエンジンは瞬発的なパンチ力がないんです。でも、それがドリフトだと良い面に働くことがある。瞬間的にトルクが立ち上がるようだと、荷重がかかる前にタイヤが空転してしまいますから。高回転までちゃんとパワーを使える特性も強みですよね。それと、RX-7には数字では現れない高いトラクション性能があるんじゃないかなって思います」と分析する。

 

 

最後に、チーム監督であるRE雨宮の雨さん(雨宮勇美氏)にRX-7の強さについて話を伺ったところ「今のD1は、ドライバーのレベル差はほとんどないと思うんです。その中で勝つためには、マシンのセットアップだったりチームの結束力だったりが重要。今回はそういった要素がうまくいった結果かな。それと、やっぱりセブンはコーナーが速い。ちゃんとバランスよく作ればグリップでもドリフトでもバツグンに速いんだ。お台場のような特設コースではなく、純粋なサーキットならパワー差なんて関係ないくらいだよ」と嬉しそうに語ってくれた。

 

 

トップチューナーによるバランス重視のボディメイクと、高回転域でもパワーが追従するチューンドロータリーエンジン、そしてそれらの特性を理解して走らせることができるドライバーの技量が組み合わさることで、レシプロ勢との馬力差を帳消しにできるほどRX-7の戦闘力は高まるというわけか。

 

 

次戦は、チームRE雨宮K&Nが得意とするエビスサーキットだ。現在開発中の4ローターターボ仕様をどのタイミングで投入するのか非常に気になるところ(戦略的に今シーズンは投入しない可能性もある)だが、今回の2連勝でシリーズチャンピオンも十分射程距離だ。孤高のチューンドFD3Sがどこまで登りつめるのか、この先の戦いには注目していきたい。

(PHOTO:Daisuke YAMAMOTO)

 

●取材協力:RE雨宮 千葉県富里市七栄439-10 TEL:0476-90-0007

 

【関連リンク】

RE雨宮

http://www.re-amemiya.co.jp/

 

D1グランプリ 公式ホームページ

http://www.d1gp.co.jp/