「3ローターNAペリ仕様のFD3Sで筑波に挑む元スーパーGTドライバー!」54秒台入りはすでに見えた!? | web option(ウェブ オプション)

「3ローターNAペリ仕様のFD3Sで筑波に挑む元スーパーGTドライバー!」54秒台入りはすでに見えた!?

20B改NAペリ仕様のセブンで戦う元スーパーGTドライバー!

 

圧倒的なコーナリングスピードで54秒入りを目指す!

 

 

セントラルサーキットの社長であり、過去にはスーパーGTシリーズのGT300クラスでシリーズチャンピオン(RE雨宮レーシング)を獲得した経歴を持つ、シャーク井入こと井入宏之選手。近年は、マイカーのFD3S(3ローターNA)を駆ってのタイムアタックに全力を注いでおり、その走りはターボ車をも凌ぐ実力を発揮している。

 

 

筑波サーキットでFR-Nクラスのレコード(55秒595)を保持している愛車のRX-7は、軽量化&空力向上を施したボディに、20BのペリフェラルポートNAユニットを搭載。レブリミットは9000rpmまで引き上げられ、最高出力は390psを発揮する。制御はモーテックM84だ。

 

 

ミッションには2019年シーズンからOS技研の7速シーケンシャルを導入。このミッションは試作段階から開発に携わっており、フィーリングまで改良を重ねてベストな状態を作り上げた逸品だという。

 

 

アタックごとにアップデートを重ねてきたが、2019年仕様では新たに空力の向上を目指してエアロパーツをリニューアル。特にフロントには大型のカナードを追加して接地感を高めつつ、操舵性の向上を目指した。合わせてリヤウイングも翼端板を延長しながらボディに固定。より強力なダウンフォースを手に入れ、安定性やトラクション性能を高めている。

 

 

一方の室内は、前シーズンから大きな変更はないが、ボディパーツ同様にカーボン製ダッシュボードを投入するなどして車重を1040kgまでシェイプ。メーターはAIMのロガーで走行情報を取り込み解析を行う。

 

 

空力性能が高まったボディで、サスペンションを的確に動かすためにはボディ補強は重要。サスペンションの支点となるストラットタワーはもちろん、ボディ全体に追加スポットを打つなどして剛性をアップしている。

 

 

サスペンションは、スピリット製のダンパーをベースにシャーク井入オリジナルセッティングとなる鮫スペシャルをセット。スタビもレース用の調整式だ。スプリングはエアロのリニューアルに合わせて前後30kg/mmまでレートアップした。

 

 

ブレーキは前後ともにエンドレスのモノブロックキャリパーを導入。重量増を最小限に収められるだけでなくフィーリングも絶妙で、コーナリングを重視したNAマシンだからこそ拘ったポイントだ。

 

 

「エンジンも足もベストに近い状態だから、あとは空力を進化させて条件さえ整えば54秒台にも届くと思う」とはシャーク井入のコメント。

 

 

ちなみにこのマシン、筑波サーキットの最終コーナーを含む第3セクターでは、倍以上のパワーを誇るターボ車を凌ぐ9秒5というタイムを叩き出している。それだけコーナリングスピードが速いのである。

 

スペック

■エンジン:20Bペリフェラルポート仕様(390ps/34.5kgm)/ワンオフインマニ、エキマニ/フルステージ フロントパイプ、マフラー/DRL ラジエター、オイルクーラー/モーテック M84 ■ドライブトレイン: OS技研 FR7ミッション、LSD、クラッチ ■フットワーク:スピリット鮫SPL(30kg/mm)/エンドレス モノブロックキャリパーシステム/アドバンA050(295/35-18)/ボルクレーシングCE28 ■エクステリア:RE雨宮 ワイドボディキット改/ボルテックスGTウイング/フロントアンダーパネル 他