「チューニングの老舗が提案するF56クーパーSメイキング」走りを楽しくするスポーツシート選びの極意

公開日 : 2019/07/29 14:30 最終更新日 : 2019/07/29 14:30


トライアル流F56ミニ・クーパーSカスタム!

 

走りの楽しさを左右するシートへの拘り

 

国産チューニング界の老舗、トライアル。これまで、最高速、ゼロヨン、サーキットと、様々なフィールドでその手腕を発揮してきたが、実は輸入車のチューニング&カスタムも数多く手がけていることをご存知だろうか。

 

 

特にミニに関しては第1世代のデビュー当初から積極的にアプローチを続けており、エンジンやサスペンションチューニングはもちろんジャンルを問わずにその手腕を発揮。ここで紹介するF56クーパーSも50mmワイドのワークス風オーバーフェンダーを装着し、それに合わせた深リムホイールを装着してロー&ワイドフォルムを構築している。

 

 

エアロパーツは、フロントにmonのリップスポイラーをチョイス。サイドステップまわりはシンプルながら低さを強調することに成功している。サスペンションはブリッツ製の車高調キットベースにオリジナルの小加工を施しているそうだ。

 

 

迫力のホイールは326パワーの「ヤバKING」というミニでは珍しいセレクト。サイズは前後ともに9J×18インチのオフセットはマイナス5で、タイヤサイズは205/40-18だ。

 

 

しかし、それらのカスタムと同時に大きな反響を得ているのがレカロシートの装着なのだという。デモカーは、運転席、助手席ともに「Sportster(LL100H SE)」のレッドをチョイス。ヘッドレスト一体型のホールド性に優れるモデルでシートヒーターも標準装備されている人気モデルである。

 

 

『これまで色々なクルマを作って自分でステアリングを握ってきたけど、その過程でドライビングポジションの重要性を痛いほど感じてきた。シックリくるシートかそうでないかによってドライビングの楽しさは大きく変わってくるし、何よりも疲労感が段違い。その考えでシートに拘りだしたら、これが奥の深い世界だってことがわかった。正直、市販されているシートとシートレールをそのまま装着しても理想のシートポジションになるとは限らんよ。そこをどうするかがウデの見せどころやね』と代表の牧原さん。

 

 

つまり、トライアルではまず市販のシートレールを使ってシートを仮装着し、ステアリングやペダルに対するシートポジションが理想通りなのかをチェック。もし、それが理想的でなかった場合は市販品を加工したり、時にはオリジナルのシートレールを製作してシートポジションを作り出していく。ミニに関しても多くの市販品ではペダルポジションのセンターとシートセンターにズレがあり、トライアルでは独自の対策を行ったオリジナルを2万3000円でリリースしているのだ。

 

 

この他にもドライバーの好みや、必要とあれば身長や体型などの身体的要素に合わせてのポジション調整も行っていく。現在ではそんなシートフィッティングを求めて遠方からも数多くの人が訪れているというトライアル。クルマを思いっきり楽しみたいなら、まずはシートポジションに拘ってみてはいかがだろうか。

 

●取材協力:トライアル 大阪府堺市美原区丹上87-1 TEL:072-369-3539

 

【関連リンク】

トライアル

http://www.trial.co.jp/