「美麗なレーシングフォルムで仕上げられたS15シルビア」若きオーナーの夢を詰め込んだ富士スピードウェイ攻略機! | web option(ウェブ オプション)

「美麗なレーシングフォルムで仕上げられたS15シルビア」若きオーナーの夢を詰め込んだ富士スピードウェイ攻略機!

スパルタンなストリートGT仕様!

 

軽量化のためにエアコン&オーディオも撤去!

 

元々、フルエアロ+大径アルミホイールという仕様の愛車に満足していたオーナーだったが、ある日エンジンチューンまでキッチリと施されたシルビアのオーナーと知り合い、その速さに感動。以降、学生の身でありながらもチューニングに夢中になり、コツコツとステップアップしていった。

 

そして、ハードな作業はガレージマックに依頼しながら自分でできる作業は自分で行い、気付けばココまでの仕様に辿り着いたそうだ。

 

 

心臓部は、インタークーラーを中置きレイアウトとし、HKSのGT2835Rタービンやトラストのサージタンクなどでレスポンスとパワーを両立させたSR20DETだ。内部には、メタルガスケットやステップ2カムシャフトなどを投入し、最大ブースト圧1.3キロ時に480psを発揮する。バフ掛けされたアルミパーツや、カーボンサクションなどで見た目もシブくまとめられている。

 

 

ミッションは出力向上に合わせてニスモの6速を投入。センターコンソールはカーボンパネルで作り直し、電子パーツやスイッチなどを集めて設置している。

 

 

室内のメイキングはタイムアタック仕様そのもの。ちなみに、アンダーコート剥がしや内装のウレタン塗装などはDIYだ。サーキット仕様と割り切って、エアコンやオーディオなどは軽量化を目的に取り払っているが「エアコンを取ったことは直後の真夏に後悔しましたよ」と、笑いながら話してくれた。

 

 

シートはブリッドのフルバケ、その周囲をサイトウロールケージのサイドバー付きロールバーが覆い尽くす。

 

 

足回りはHKSのハイパーマックス車高調を軸にセットアップ。車高がかなり下げられているため、フェンダー内のハーネスは移設してトラブルを防止。アッパーマウントはキャスター/キャンバー調整が可能なタイプを使い、アライメントの調整幅を広げている。ブレーキはフロントがBCNR33用、リヤがBNR34のブレンボだ。

 

 

そしてエクステリアは、ガレージマックのフルエアロで統一。フロントはタイプ5、リヤはタイプ2バンパーに専用カナードを追加している。さらに、ワイドボディキットはサイドステップにカーボンプレートを加え、整流効果をアップ。カラーリングのブルーメタリックは他車用の純正色だが、カーボンパーツとのマッチングやバランスも良くオーナーもお気に入りの様子。

 

富士スピードウェイ仕様として進化を続けるS15シルビア。若きオーナーとガレージマックの二人三脚はまだまだ終わらない。

(OPTION2 2014年12月号より)

 

スペック

■SR20DET改480ps/HKS GT2835Rタービン、ステップ2カムシャフト(IN&EX264度)/中置きインタークーラー/トラストサージタンク/アペックス パワーFC/ガレージマック マフラー(メイン80φ)/カーボンサクションパイプ/ニスモ6速ミッション/HKSハイパーマックスD車高調NOBスペック/イケヤフォーミュラ テンションロッド/クスコ アーム類/ガレージマック エアロパーツ、ワイドフェンダー、ドアパネル、ボンネット、トランク/ブリッド バケットシート2脚 他

 

●取材協力:ガレージマック 長野県長野市青木島町青木島乙276 TEL:026-254-7333

 

【関連リンク】

ガレージマック

http://www.garagemak.com