「C-HRの潜在能力を引き出す老舗のチューニングアプローチ」注目はカンサイサービスがセットアップした絶品の足回り! | web option(ウェブ オプション)

「C-HRの潜在能力を引き出す老舗のチューニングアプローチ」注目はカンサイサービスがセットアップした絶品の足回り!

カンサイサービス流C-HRチューニング論

 

車両の個性を壊さずに走りのエッセンスを注ぐ老舗の技

 

1.2Lターボ4WDのラインアップがあることをキッカケに、デモカーとしてC-HRを導入した老舗チューニングショップ『カンサイサービス』。しかも、1.8Lハイブリッドも同時に導入して、2台体制でC-HRチューニングを進行中。HKSとの協力体制でパーツ開発を行っているチカラの入れようだ。

 

「なによりC-HRはデザインのいかつさが好きですね。1.2Lターボは今後トヨタの主流になるエンジンですから、研究の意味合いもあります。それに、プリウスと同じユニットを搭載するハイブリッドの速さも魅力です」とはカンサイサービス向井代表。

 

 

なお、取材日はターボ車のパーツ開発がHKS本社で行われていたため、ハイブリッド車のみの取材となったが、さすがカンサイサービスと舌を巻く完成度の高さだった。

 

 

なかでも絶品なのが足回り。装着されている『HKSハイパーマックスSスタイルC』車高調は、向井代表が拘って開発に取り組んだという逸品。「ユーザー層を考慮して試行錯誤しましたが、車高を下げることでスタイリッシュさを際立てながら、ノーマルは背が高いことでロールが多く落ち着きもないため、快適に気持ち良くコーナーを曲がっていけるセッティングになっていますね」とのこと。

 

 

減衰力は固定式となるが、車高は全長調整式を採用。スプリングレートはフロント4kg/mm、リヤ5kg/mmで、ローダウンによるスタイリッシュさを追求しながら、長距離ドライブでも疲れない乗り味を実現している。峠で試乗させてもらったが、剛性感の高いシャーシと相まって接地感の高い安定した走りと乗り心地の良さが実感できた。

 

 

なお、デモカーの車高は60mmくらいローダウンした上で19インチのアドバンレーシングRZII&ブルーアースA AE50(225/45-19)をセット。東京オートサロン出展時は20インチの235サイズを装着していたが、C-HRはインナーフェンダーに厚みがあり、干渉がさけられず19インチ化した経緯がある。ちなみに、純正18インチのタイヤホイールの重量が22.2kgなのに対し、19インチのアドバンレーシングRZIIを組んだ現在のタイヤホイールは19.4kgと、1本あたり2.8kgもの軽量化を達成している。

 

 

マフラーはHKS『リーガマックスプレミアム』。純正マフラーは切りっぱなしの簡素なデザインだが、チタンテールの片側2本出しにして存在感を高め、C-HRのプレミアム性を向上させる。静粛性を高め、こもり音を排除しながら、アクセルを踏み込めば心地よい低音が車内に響くスポーティさも魅力だ。

 

 

一方の室内は、操作性の向上を狙ったチューニングが軸だ。純正シートはデザイン性こそ高いものの、クッションがふわふわしている上に、ランバーサポートを出すと再度サポートが足りないなど機能性はイマイチ。そこで、カンサイサービスはデザイン性と機能性を高次元で両立したレカロのレザーシート『スポーツスターLL100H SE』をインストールした。

 

 

シートを車両に装着するために必要となるシートレールはカンサイサービスが独自に開発。女性が乗ることを考慮して、後ろ下がりにもフラットにもできる角度調整機構を採用している。

 

 

また、C-HRオーナーなら誰もが欲しくなるであろう高級感のある厚手の生地を採用したトランクマットも製品化。走行中も荷物を安定して積載することができるようになるなど、非常に人気の高いアイテムだ。あわせて同素材を採用したフロアマットも、4WDのターボ用とFFのハイブリッド用のそれぞれで設定している。

 

ちなみに、カンサイサービスのオリジナルパーツは、フロアマットやトランクマットなどインテリアアイテムをラインナップしているが、ボディ補強パーツに関してはノーマルでも剛性が高いC-HRだけに、ポイントを絞り込んで設定するとのこと。

 

 

「一ヵ所を特化させたのではピーキーになってしまう。クルマはバランスが大切。必要ないものはつけず、少しずつ換えて、ひとつ上の乗り味を目指すのがチューニングの醍醐味です。C-HRはターボもハイブリッドも時間を掛けて熟成させていきますよ」と向井さん。走りの楽しさを味わいたいC-HRオーナーはカンサイサービスの動向を欠かさずチェックせよ!

 

●取材協力:カンサイサービス 奈良県奈良市小倉町1080 TEL:0743-84-0126

 

【関連リンク】

カンサイサービス

http://www.kansaisv.co.jp