「ランボ純正スカイブルー仕様の超美麗MR2(SW20)登場!」音質と魅せるに拘ったマフラーはもはや芸術品だ! | web option(ウェブ オプション)

「ランボ純正スカイブルー仕様の超美麗MR2(SW20)登場!」音質と魅せるに拘ったマフラーはもはや芸術品だ!

美しすぎるエキゾーストマフラーにも大注目!

 

これでもサーキット派なんです!?

 

スポーティなルックスはもちろん、3Sターボエンジンをミッドシップマウントしているのが特徴的なSW20。近頃は街中で見かける機会もめっきり減ってきた印象だが、それだけに愛情を注ぎ込むオーナーは増殖中だったりする。

 

 

ここで紹介する美しいSW20のオーナーもそんなひとり。スタイルに惚れ込んで2017年に購入。以来、サーキット走行などを楽しんでおり、SUGO1分40秒台前半を目指してコツコツとDIYチューンを続けているそうだ。

 

 

まず注目の外装まわり。色鮮やかなランボルギーニ純正ケフェウスにオールペンされたグラマラスボディは、実は前オーナーが仕上げたもの。ボーダーのフルエアロにグロスファクトリーでワンオフ製作したワイドフェンダーを組み合わせる。ホイールは、ワーク・エモーションD9Rの18インチ&19インチ。カナードはボルテックス製をチョイスする。

 

「フロントバンパーに海外製のアンダースポイラーを追加しました。サイズが合わずに切った張ったして、なんとか装着できましたね」とオーナー。

 

 

LEDテールもワンオフ。まるで、専用品かのようなマッチングをみせるリヤウイングは、なんと180SX用を移植したものだ。

 

 

エンジンは純正改ハイフロータービン仕様となる。海外製エキマニやブリッツのエアクリーナー、トラストのブローオフバルブなどを装着してトータルチューンを敢行。

 

 

芸術的な仕上がりのワンオフマフラーも自慢のポイント。こちらもグロスファクトリー作で、エンジンを引っ張ると気持ちの良いエキゾーストノートを奏でる。

 

 

コクピットにも拘りを注入し、自作のメーターパネルにデフィの追加メーターやスイッチ類をインストールした他、シフトまわりにはスウェード生地を張り込んだ。センターコンソールにはプッシュスタートも装備した。

 

ネット通販で入手したパーツなどを使ってコツコツと仕上げたというが、その完成度は抜群! 何より、ここまで綺麗に仕上がったSW20など世界中を探してもなかなか見つからないはず。SW20と共に、末長くチューニングライフを楽しんでください!

 

スペック

■エンジン:3S-GT改/ハイフロータービン/海外製エキマニ/ワンオフマフラー&フロントパイプ/ブリッツ エアクリーナー/トラスト ブローオフバルブ ■サスペンション:アペックスN1ダンパー ■ホイール:ワーク エモーションD9R(F18インチ R19インチ) ■エクステリア:ボーダー フルエアロ/グロスファクトリー ワンオフワイドボディ/D1スペック 180SX用リヤウイング/ボルテックス カナード/フロントディフューザー ■インテリア:ロールバー/デフィ追加メーター/ワンオフ メーターパネル/スウェード張り替え 他