「S13シルビア進化論」最新ツールと匠の技術で“イチサン”はまだまだ楽しめる! | web option(ウェブ オプション)

「S13シルビア進化論」最新ツールと匠の技術で“イチサン”はまだまだ楽しめる!

老舗の最新パーツでS13シルビアをブラッシュアップ!

 

排圧を抑える極太エキマニと純正書き換えのNISTUNEで走りを強化

 

国産スポーツをメインに、コンパクトから輸入車まで幅広いユーザーが訪れるコクピット館林。なかでも日産車チューンには力が入っており、ここで紹介するS13はそんな同店のノウハウをたっぷりと注ぎ込んだ1台だ。

 

 

エンジン本体はノーマルのまま、東名パワードのM7960タービンをドッキング。ニスモの燃料ポンプや550ccインジェクターなどで周辺環境を整え、最大ブースト圧を1.0キロに設定。最高出力はダイナパック計測で330psを発揮する。

 

 

なお、エアフロはアペックスのアダプターを装着してR35GT-R用へと変更。計測限界が高い上に、吹き返しの影響を受けにくいというメリットがあるからだ。

 

 

重要なエンジンマネージメントは、コクピット館林が得意とするNISTUNEを使用。これは、純正ECUに専用基盤を追加してフルコンに近い状態にするシロモノで、故障診断ポートを介してリアルタイム書き換えが可能になる。また、A/Fセンサーと連動したフィードバック制御や、各種センサーが正常に作動しているかを確認するアクティブテストなど多彩な機能を備えているのだ。

 

 

「シルビアで使われている純正のEPロムは古いタイプのため流通量が減ってきています。今後はNISTUNEのような新しいタイプのECUが主流になっていくでしょうね」と、コクピット館林の亀田さん。

 

 

ちなみに、コクピット館林ではNISTUNEを使ったブーストアップメニューも用意。レーシングプラグや大容量燃料ポンプ、ブーストコントローラー、工賃まで含めて、15万6000円(S13シルビア)という手軽さだ。

 

 

オリジナルの4-1ステンエキマニ(8万9000円)も見逃せない。2.1mm厚で45φと太めのパイプ径とすることで排圧の上昇を抑えたのがポイントで、これによりエンジンへの負担を減らしている。だから点火時期が進めてもノッキングが出にくい=パワーが出せるという寸法だ。

 

 

耐久性も徹底追求。パイプを長くして熱膨張による応力をうまく逃がせる取り回しとし、溶接部分から亀裂が入りにくくしているのだ。フランジについても熱による反りが出がちなので15mm厚としている。形状はT25型で、純正タービンの他、GT-SSやT517Zなど幅広いメーカー品に対応。

 

 

「集合分までの距離を確保したことで高回転までストレスなく伸びるようになりました。また排気音もカン高いものへと変化しましたね。中間トルクは多少、細くはなりますが、ポン付けタービンでは気になるレベルではないと思いますよ」。

 

このように新しい技術や独自の拘りを持ったパーツで仕上げられたS13シルビアは、ポン付けターボとは侮れない性能を発揮する。ワンランク上のフィーリングを目指したい人には注目すべきポイントは多いだろう。

 

●取材協力:コクピット館林 群馬県館林市赤生田町2202 TEL:0276-73-5451

 

【関連リンク】

コクピット館林

http://www.cockpit.gr.jp