「脱定番ベース車としてアリか!?」2代目フォレスターの可能性が無限大すぎる! | web option(ウェブ オプション)

「脱定番ベース車としてアリか!?」2代目フォレスターの可能性が無限大すぎる!

2.2Lフルタービン仕様で350psを発揮するフォレスター!

 

脱定番AT快速ストリートスペック!

 

SUV然とした外観だが、実はGDBインプレッサとほぼ同じシャシーを持つSG5フォレスター。そんなフォレスターをベースに、スバル車チューンの老舗「カーステーションマルシェ」が排気量アップ&タービン交換で350ps&45kgm仕様に仕上げたのがこのマシンだ。

 

 

エンジンは、純正+αのサイズでレスポンスに優れるGT2530kaiタービン(現在は廃盤)を、2.2Lまで排気量アップしたEJユニットにドッキング。低回転域から鋭く過給が立ち上がる特性に仕上げた。

 

 

吸気はHKSのレーシングサクションが組まれているが、ラジエターを抜けた熱気をダイレクトに吸い込むのを防ぐために、専用のエアクリボックスをセットしている。

 

 

インタークーラーはサイズがひと回り大きいというSG9純正を流用。2.5L用というだけにクーリング性能は十分だ。重要なECUセッティングはECU-TEKによってプログラムを構築している。

 

 

ミッションはもちろんAT仕様のままだが、トルコンが根を上げて滑り出さないように空冷式のATFクーラーを追加するなどキッチリと対策済みだ。

 

 

シルバーのボディカラーに映えるブルーの美しいホイールは、グラムライツ57C6(8.5J×18+45) 。タイヤにはアドバンネオバD08Rをセットする。サスペンションはHKSハイパーマックスダンパーを導入している。

 

 

「人や荷物を満載できるし意外なほどによく走る。まさに狙い目の脱定番車です。中古車プライスも手頃ですから、スポーティで楽しいSUVに乗りたい人には最適な選択だと思いますね」とはマルシェ石田さん。

 

 

広大なカーゴスペースには山ほど荷物が積めて、GDBのチューニングを応用できるためパワーアップも容易。そして、石田さんの言う通り中古相場も安価だ。SG5フォレスターは、注目すべきベース車の1台なのかもしれない。

 

■スペック

HKS 2.2Lキット、GT2530Kaiタービン、エキマニ、フロントパイプ、EVC/SG9純正インタークーラー流用/ATFクーラー/ゼロスポーツ マフラー/ECU-TEK/550ccインジェクター/大容量燃料ポンプ/HKSハイパーマックス車高調/エンドレス キャリパーシステム(F 6ポット R 4ポット)/大径ローター(F 326mm R328mm)/グラムライツ57C6(8.5J×18+45) アドバンネオバD08R

 

●取材協力:カーステーションマルシェ 群馬県前橋市亀里町1224 TEL:0247-265-6789

 

【関連リンク】

カーステーションマルシェ

http://cs-marche.com