「市販前提のチューニングパーツが装着されたGRスープラ(RZ)を世界初体感!」HKSの動きが早すぎる! | web option(ウェブ オプション)

「市販前提のチューニングパーツが装着されたGRスープラ(RZ)を世界初体感!」HKSの動きが早すぎる!

市販パーツがほぼ完成!? HKSの動きが早すぎる! 

 

純正サスを車高調化するアジャスターキットは秀逸

 

まだデリバリーすらまともに開始されていない段階だというのに、早くも市販化前提のチューニングパーツを装着したGRスープラ(RZ)の登場だ。

 

 

手がけたのは、日本が世界に誇るチューニングパーツメーカーHKS。その経歴と実力が認められ、早い段階からトヨタより車両を託されていたというニュースは以前WEB OPTIONでスクープした通り。以後、HKSは水面下で市販パーツの開発をスタートさせ、ようやく第一段階のチューンドスペックが完成したのだ。

 

 

まずサスペンション。当初は車高調も考えたようだが、そうなるとグレードによっては純正のアクティブコントロール(AVS)機能をカットする必要がある。それではデメリットが生じるため、HKSは純正ダンパーを活かしたままスポーツ走行ができるサスキットを先行開発した。

 

 

このサスキットは、純正ダンパーケースに被せて車高の調整を可能とするアジャスターと、適度にレートアップしたスプリングで構成されている。簡単に説明するなら「純正サスの車高調化」だ。

 

 

車高のダウン量は最大で45mm。デモカーは、適正よりも若干低めのマイナス約30mmに設定していたが、このあたりがストリート仕様としては使い勝手が良くてベストだろう。

 

 

それにしても、適度に落とされた車高と純白のアドバンレーシングGTの効果は想像以上。ボテッとした純正ルックスが、素直にカッコいいと思えるロー&ワイドフォルムに大変身しているではないですか! ホイールと車高だけで、ここまで良くなるクルマも珍しい気がする。

 

 

ちなみにホイールサイズは19インチでフロントが9.0Jの+25、リヤが10.0Jの+30。タイヤはアドバンネオバAD08R(F255/35-19 R275/35-19)をセットしている。

 

 

早速、体感試乗(助手席インプレッション)させてもらったが、乗り心地は純正とほぼ同等。それでいてシッカリと足が動いているし、タイヤのインフォメーションもよく伝わってくる。もちろんAVS機構は使えるので、走行シーンに合わせた切り替えが可能だ。

 

 

体感試乗ドライバーを担当した元D1ドライバーの長谷川大輔選手も「この足は本当に良いですよねー」と高評価。ちなみに、長谷川選手は個人でGRスープラを注文していたりもする。

 

 

さすがにサーキットレベルの走りだと厳しくなるだろうが、オーナーの大半はストリートメインで純正のAVS機構を活かしたいはず。当然、HKSは得意のハイパーマックス(車高調)も開発するだろうが、まずは最も需要が見込めるアジャスター式から製品化して早々に覇権を握ろうと言うわけだ。なお、このサスキットは10万円以下での販売を視野に入れて最終セットアップ中とのことだ。

 

 

そしてマフラー。スポーティなサウンドを強調するべく、ストレート構造のメイン85φ→65φ×2デュアルレイアウトを採用。素材はSUS304ながら、純正から大幅な軽量化(ノーマル:24.3kg→HKS:18.4kg)を実現している点も見逃せない。

 

 

テールエンドには、美しいヒートグラデーションを有するチタンを採用。

 

 

今回の取材で初めて知った事実なのだが、GRスープラの純正マフラーにはバルブが設けられていた。コールドスタート時などしか機能しない(閉じない)設定のようだが、HKS製も純正に準じてバルブを設置。そしてバルブへと繋がる純正ハーネスはそのままカプラーオンで使える形状としている。

 

 

センターパイプ部は楕円形状が採用されているが「純正も楕円なんです。最低地上高への配慮でしょうね。よくできていますよ」とはHKS広報の近藤さん。

 

 

サウンドは最高だった。GRスープラは遮音性が非常に高いため、このくらい音量が太くないと気持ちが昂ぶらないし、それがスポーツカーを名乗る存在ならなおさらだろう。音質も直6らしい甲高さが表現されていて、これなら往年のチューニングファンも納得のはず。

 

とはいえ、このマフラーは日本国内の保安基準内に音量を収まっておらず、海外専用モデルという位置付けで販売される予定だという。

 

 

「日本で保安基準適合のアフターマフラーを作るのは本当に大変ですよ。純正がギリギリですから。ウチはとりあえず海外需要を考えて、このモデルを先行開発しました。国内用(保安基準適合モデル)はもう少し先になりそうですね」。

 

 

その他、純正交換タイプの高効率エアフィルター(乾式)もスタンバイ。GRスープラのチューニング戦争の開始を告げる狼煙をHKSが上げたというわけだ。

 

 

最後に。今回、HKSのチューンドGRスープラを体感するにあたり、比較のために直4ターボ搭載のSZグレード(197ps)が用意されていた。で、乗り比べてみて強く感じたのは「買うなら無理してでも直6モデル一択」ということ。

 

 

直6より軽いとはいえ、ここまでチカラが無いと軽快感など体感できるわけがない。これなら、86(ZN6)の方が圧倒的に速いし楽しいだろう。知り合いの編集者いわく「258ps仕様のSZ-Rならもっと良いよ」とのことだけど、どうせ同型タービンのブーストアップだろうし…。そこに590万円の価値があるとは到底思えない。

 

スタイルにのみ惚れ込んでいるなら何でも良いだろうが、GRスープラというFRターボスポーツを本気で楽しみたいなら、後で後悔しないためにも直6モデルを選ぶべきだ。

 

PHOTO:Mitsuru KOTAKE