「レーシングドライバー織戸学が86(ZN6)を本気でプロデュース!」美麗なオリジナルエアロも開発!

公開日 : 2019/06/29 11:20 最終更新日 : 2019/06/29 11:20


目指したのは毎日乗っても飽きのこないカッコ良さ! 

 

ノーマル+アルファの好スタイリングを提案

 

「1台を長く乗り続ける大人のクルマ好きって多いよね。そういう時代に求められているのは、瞬間的に感じる派手さではなく、ちょっとしたアクセントと仕上げの良さ、そして間違いのない高機能だと思う」。そう語るのは、走り屋出身のレーシングドライバーであり生粋の走り屋でもある織戸学さんだ。

 

 

そしてここで紹介する86は、国内屈指のレーシングドライバーという地位を築いた現在でも、当時の“熱さ”を常に胸に持ち続けている男がプロデュースしたチューンド『AKEa MAX ORIDO YOKOHAMA 86 STYLE』。目指したのは「ワンランク上の86スタイル」である。

 

 

まず、軸となるエアロパーツは、純正のイメージを壊すことなく「格好良さ」を徹底追及。フロントは前期/後期どちらのバンパーにも装着できるリップスポイラーを開発し、86&BRZの腰高な印象をスッキリと引き締める。

 

 

フロントフェンダーとリップスポイラーの一体感を強めるエンドフィンも用意。フロントタイヤハウスへの走行風の巻き込みを低減する高機能パーツで、フロントリフトの抑制が期待できる。

 

 

構造変更の必要がない寸法で「いかにボリュームアップできるか」に挑戦したワイドフェンダーも注目だ。片側わずか9mmという拡大幅でありながら、ノーマルのボディデザインとはまるで異なる印象を感じさせてくれるデザインだ。

 

 

リヤフェンダーも同様のコンセプトで製作。デザインの巧みさはもちろん、貼り付け面を大きく取ることでワイド感を増幅させている。実際の拡大幅は9mmだ。

 

 

サイドステップは、ボトムラインを整えて前後フェンダーとの一体感を作り出す形状だ。また、下面に装着されるアンダーフロアスポイラーは下面流を左右に引き抜き負圧を発生させることで車両を路面に押さえ付ける。コーナリングフォースが高める機能パーツだ。

 

 

リヤまわりには、アンダーフロアに流れ込んだ走行風を効率的に整流しながら後方へと引き出すリヤディフューザーを装備。単なる飾りではなく、オーバーハング下面にまで覆う造形はリフト防止の役割を果たしてくれる。

 

 

その他、純正の後期型用スポイラーに追加するガーニーフラップやカーボンドアミラーカバーもスタンバイ。細かな箇所まで手を抜かないこの拘りこそが織戸流なのである。

 

 

ちなみにこの86、織戸さんが手がける以上エクステリアのモディファイだけで終わるわけもなく、エンジンはGT2シリーズにリニューアルされたHKS製のスーパーチャージャーキットでドーピング。街乗り用として選択したATミッションとの相性も抜群だ。

 

 

さらにスロットルも『感度MAXスロットルコントローラー』と名付けられた電子パーツも開発。体感度が非常に高く、レスポンスやパワー感の向上が期待できる。

 

 

そして足回りは、名古屋のK-ONEとのコラボレーションで開発したオーリンズベースのオリジナル仕様をセット。長時間運転していても疲れない、しなやかに路面を追従する味付けが特徴だ。

 

 

トップレーサーでありながら、今でもチューニングカーが楽しくてワクワクすると語る織戸さんがプロデュースした86。そのカッコよさは、きっと多くの86&BRZユーザーの憧れになるに違いない。

 

 

●取材協力:MAX ORIDO RACING TEL:045-595-9728

 

【関連リンク】

MAX ORIDO RACING

http://maxorido.com