「86&BRZはAT仕様の方が面白い!?」オートマの可能性を追求する渾身のショップチューンド!

公開日 : 2019/06/28 14:20 最終更新日 : 2019/06/28 14:20


AT限定免許保持者に夢を与える86デモカー

 

エンジン本体ノーマル&ATでも速くできる!

 

きっかけはユーザーのAT仕様だった。HKSのスーパーチャージャー仕様で300ps弱を発生させながらもATミッションは全く問題がない。それでいて、パドルシフトを活用して街乗りでも峠でもフィールドを選ばずに楽しめる。

 

 

それを目の当たりにした“走れるチューナー”ことテクノプロスピリッツの熊倉代表は、中古でAT仕様を探した。MTに比べれば相場も圧倒的に安いしタマ数も豊富、今時のAT限定免許保有者にもオススメの仕様が作れそうだと確信したのだ。

 

 

そうして製作したのがこのデモカーだ。エンジンはノーマルのまま、吸排気とECUでのリミッターカットのみ。ATミッションの内部ももちろんノーマル。ただし、負担低減のためATクーラーは装着してフルード温度を管理、また2万キロごとのATフルード交換も行ってトラブルを予防している。

 

 

86のATは非常に優秀でパドルシフトを活用すればシフトロスが大きく減らすことができ、いい加減にシフトダウンしようとしても回転が合うまでギヤが落ちずオーバーレブしないからエンジンのトラブルをおこしにくい。

 

しかも、AT車だからこそステアリングやブレーキ操作に集中できるメリットは特に初心者にとって大きい。

 

 

パワーバンドを活用するためのポイントはファイナルギヤ。4.5とローギヤードにしたことで各ギヤ比も近くなり、スタートから加速力もアップ。実はMT車よりギヤ比がクロスしているので、加速の途切れが少ないのだ。

 

 

ハイグリップで太めのタイヤには、クスコのLSDを1ウェイでイニシャルを弱めにセット。ロスを減らしてトラクションを有効に稼ぐことができる。

 

 

足まわりはRGの車高調を組み込むだけだなく、スプリングなどのセットアップが大切。テクノプロスピリッツでは、フロントの8kg/mmに対してリヤを10kg/mmにレートアップ。リヤの動きを制限したほうがコントロール性がアップし、結果的にアクセルを踏めるというのだ。

 

 

拘りのサスチューンはまだ続く。フロントのロアアームは純正風だが、ピロボールに入れ替えられて無駄な動きを排除するようにセット。さらに、調整式アッパーマウントによってネガティブキャンバー角を3度50分に設定してフロントの回頭性を高めつつアンダーステアを抑制している。

 

 

一方のリヤは、もともとストローク量が少ない純正サスだが、姿勢変化を少なくしたほうがトラクション性能が高まるという理論から、動きを規制する方向性でセットアップ。また、リヤブレーキは初期制動が強いタイプにすると姿勢が安定するだけでなく、ABSの介入も少なくなって乗りやすく変化するそうだ。

 

 

組み合わせるタイヤは、ディレッツアZIIIの255サイズ。若干オーバーキャパだが、タイヤのグリップ力は高ければ高いだけ有利になるというのが熊倉流だ。

 

 

室内には、テクノプロスピリッツのイメージカラーに塗装されたシートレール補強バーを装着。身体に感じる不快な振動などをなくし、装着するだけ体感できる驚きのパーツだ。

 

 

こうして各部に手が加えられたAT仕様の86は、180ps前後のノーマルエンジンで日光サーキット40秒台、筑波サーキット(コース2000)で1分7秒台でラップするほどの戦闘力を披露。絶対的なパワーに頼らないこのチューニングは多くの86&BRZユーザーにとって参考になるのではないだろうか。

 

スペック

エンジン:パワークラフト EXマニホールド/オリジナル60Φチタンマフラー、リミッターカット/トラスト ダイレクトエアインテーク、エンジン&ATFクーラー/クスコ VSCキャンセラー、強化エンジンマウント ■ドライブトレイン:4.5ファイナル/クスコ LSD/トラスト 大容量デフカバー ■サスペンション:RG車高調/ベステックス スプリング(F8kg/mm R10kg/mm)/クスコ Rロアアーム、ピロブッシュ、強化スタビ ■ブレーキ:サミット カーボンC2パッド ■ホイール:ボルクレーシングTE37SL(9.5J×17+44) ■タイヤ:ディレッツアZIII(255/40R17)

 

●取材協力:テクノプロスピリッツ 埼玉県川越市小中居945-1  TEL:049‐235‐886

 

【関連リンク】

テクノプロスピリッツ

http://www.tp-spirit.co.jp