「逆襲の二代目スイスポ(ZC31S)!」ボルトオンターボ化で現行ZC33Sにも負けないパワーをゲット! | web option(ウェブ オプション)

「逆襲の二代目スイスポ(ZC31S)!」ボルトオンターボ化で現行ZC33Sにも負けないパワーをゲット!

T25タービンで約40psアップを果たした初代スイスポ

 

現行スイスポと真っ向勝負できる性能!

 

キビキビとした走りが楽しいFFホットハッチとして人気のZC31Sスイフトスポーツ。このマシンではコストとのバランスも考え、HKSのT25タービンキットを使用してのターボ化を選択。

 

 

例えば、HKSのGT7040などフラットな特性の遠心式スーパーチャージャーという選択肢もあったが、やや小ぶりのタービンをストレスなく回すほうが、低中速トルクがあり乗りやすいと判断したのだ。

 

 

現在は廃盤となってしまっているターボキットだが、キットにはT25タービン本体の他、鋳造エキマニやスポーツ触媒、制御用のF-CON iSなどまで同梱。ブーストコントローラーは使わず、アクチュエーターのみでブースト圧は0.4キロという設定だ。

 

 

ローブースト仕様のため、コスト増になるインタークーラーはあえて装着していない。インジェクターも純正のまま、F-CON iSで制御した程度のお手軽ターボ仕様ながら、ノーマルから約40psアップとなる173.6ps/21.7kgm(純正134.9ps/15.4kgm)を獲得しているのだから、コストパフォーマンスは抜群だ。

 

 

注目なのは意外にも、全域でノーマルを上回るパワーアップを果たしていること。ワンランク上のパワー感をゲットしたことで、高速道路での追い越しでもギヤを落とさずイケるなど、ストレスのない走りを実現している。

 

 

排気系は、触媒は第2純正を残して第1触媒を純正セラミックからメタルキャタライザー(ターボキットの付属品)に交換する完全車検対応スペック。マフラーはサンラインレーシング製を装備する。

 

 

エクステリアは、トラストのリップスポイラーやカーボンボンネットでレーシーな雰囲気を演出。トライフォース車高調も装着され、スプリングレートはフロント10kg/mm、リヤ16kg/mm。タイヤはアドバンネオバ(215/40-17)をセットしている。

 

 

一方、ZC31Sはノーマルでも油温が上がりがちなので、オイルクーラーを追加するなど、安心してサーキット全開走行を楽しめる仕様に仕上げられている点も見逃せない。

 

●トップフューエル 三重県松阪市中道町500-1 TEL:0598-56-5880

 

【関連リンク】

トップフューエル

http://www.topfuel.info