「S15ヴァリエッタにウィンダムライトを移植!?」内外装スキのない仕上がりを魅せるストリートレーサー! | web option(ウェブ オプション)

「S15ヴァリエッタにウィンダムライトを移植!?」内外装スキのない仕上がりを魅せるストリートレーサー!

オンリーワンを求めてウィンダム顔に!

 

完全無欠のストリートレーサー登場!

 

オーテックから発売されたS15シルビアのオープンモデル、ヴァリエッタ。都会的な匂いを感じさせるこの異色マシンをベースに、アメリカのストリートレーサースタイルを意識してカスタムしまくったのがこのマシン。

 

 

やはり注目したいのは、シャープな印象に生まれ変わったフロントフェイスだろう。なにせ、トヨタのセダン“ウィンダム”用のヘッドライトをインストールしているのである。

 

 

ここまで形状の違うヘッドライトを埋め込むとなると、バランスがチグハグになってしまいがち。そこでこのヴァリエッタは、ヘッドライトに合わせてボディを大幅にワイド加工。ライトのマウント位置もミリ単位でズラしながら、違和感のないポイントを探したという。

 

 

エクステリアは、ユーラスのエアロをベースに大加工されている。創的な翼端板形状が印象的なGTウイングはヴェイルサイド製だ。個性的なデザインの市販パーツをうまくアレンジすることで、よりローコストにオリジナリティを主張しているのもこのマシンの特徴と言える。

 

 

美しいボディカラーは、NSXに純正採用されるイモラオレンジだ。 ホイールはリムぎりぎりまで伸びるデザインが印象的なワーク・エモーションXT-7の18インチ。ゴージャス感を演出するメッキモデルをチョイスしている。足回りにはACCのエアサスまで投入することで、ロー&ワイドフォルムを強調する。

 

 

一方、インパネやメーターまわりもボディ同色にペイント。スパルコのバケットシートも一部をオレンジのアルカンターラ生地に張り替えてトータルコーディネイト。エアコン吹き出し口にはブリッツの追加メーターを違和感なくビルトインする。

 

 

グローブボックス内にはエアサスのコントロールスイッチやエアゲージが収納される。またセンターコンソール脇には、マフラー音量をさげるためのECVのレバーを配置。

 

 

ルックスに負けじとエンジンチューンも抜かりナシ。もともとヴァリエッタはSR20DE+ATというパッケージだが、このマシンはSR20DETにK5-450Rタービンやハイカムをセットした約380psの強心臓を搭載。合わせてミッションもATから6速MTに載せ換えている。

 

 

どこを見てもスキのない作り込みは、まさに完全無欠のストリートレーサーと呼ぶに相応しい仕上がりだ。

 

スペック

ユーラス タイプSフルエアロ、ワイドフェンダー改/ヴェイルサイド ローマウントGTウイング/MCW30ウインダム用社外ヘッドライト移植/スキッパー ガルウイング/スパルコ バケットシート改/MOMOステアリング、シフトノブ、サイドレバー /ACCエアランナー/ワーク エモーションXT7(9.5J×18+15)/ニットー555(F225/40 R235/40)/ブリッツK5-450タービン/東名パワード ポンカム/ワンオフマフラー/トラストインタークーラー/S15用6MT換装 他