「川畑真人が駆るGRスープラがついに完全体へ!」大幅なリメイクを敢行してD1グランプリ開幕戦で優勝を狙う! | web option(ウェブ オプション)

「川畑真人が駆るGRスープラがついに完全体へ!」大幅なリメイクを敢行してD1グランプリ開幕戦で優勝を狙う!

川畑GRスープラがついに完全体へ!

 

お台場戦後に全バラして大幅にリメイクを敢行

 

3月23日(土)・24日(日)のD1GPオールスターシュートアウト(お台場)で華々しくデビューした川畑真人選手が駆るGRスープラ。

 

 

アライメントがバラバラという状態だったにも関わらず、単走では98.20点を出す好走(4位通過)を披露。さらに、追走ではS15シルビアに乗る小橋正典と対戦し、GRスープラでは世界初となる追走戦でビタビタの走りを決めていたのだ。

 

 

あれから約3ヶ月。GRスープラはさらなる戦闘力アップを狙って、水面下で熟成を続けていた。

 

「お台場後に全バラにしました。そしてエンジンから足回りなど全てを見直しました。とくにエンジンは全く違う仕様になっていると言ってもいいでしょうね」とは、お台場戦後からGRスープラの開発を一任された倉川さん。

 

 

お台場戦で搭載されていたエンジン(写真上)は、先代スープラの直6ターボユニット「2JZ-GTE」だ。もちろんノーマルではなく、HKSのキットにより3.4Lまで排気量アップ。そこにIHIのタービンをセットしてブースト1.3キロで800psというスペックだった。

 

 

「とにかく調子が悪くて。下がなくて上もないって感じ!? その後のテストでもエンジン不調が続いたので、リメイクしたんです。具体的には、タービンをボルグワーナー製に変更(サイズダウン)してEXマニもアルトラックでワンオフ製作。カムもIN272度/EX280度という高回転型からHKSの264度に変更。ECUもアダプトロニックからF-CON Vプロにスイッチして制御系を見直しています」。

 

 

そうしたリメイクと同時に各部のメイキングも一新。見た目にも徹底的に拘ったのだ。「エンジンルームを開けた時の迫力が欲しくて。だから見た目の美しさも追求しました」と倉川さん。じつにメカニック魂のこもったコメントである。

 

なお、ニューエンジンはブースト1.4キロで700psチョイというスペックだ。最高出力は下がっているものの、この状態でテストした川畑選手は「すごく乗りやすくなった!」と大満足だったとのこと。

 

「エンジンをリメイクした後のテスト時は3.7のファイナルを組んでいたのですが、バッチリでしたね。開幕戦もこのセットアップで十分戦えると思いますよ」。

 

 

駆動系は、サムソナスのシーケンシャルミッションに、SIKKYのクイックチェンジ(デフ)という組み合わせだ。ドリフトに重要なナックル&アーム類もワイズファブ製でこれまでと変わりはないが、セットアップは180度変更したとのこと。

 

「これまでとは真逆にしたって感じです。本番で見たら驚いてもらえると思います。本当に凄まじい角度を維持したまま速いドリフトができるマシンになっていますから」。

 

 

そしてついにエクステリアのグラフィックも完成。TOYO TIRESのマシンらしいホワイト×ブルーの美しいデザインは、バイナルグラフィックの第一人者“アートファクトリーグラフィックス”による渾身の作だ。ロケットバニー製のボディキットの迫力を含め、すでに王者の貫禄が漂っているように感じるのは気のせいだろうか。

 

 

「開発を通じて感じたのは、GRスープラのベースボディが凄まじく良いってこと。川畑選手にプレッシャーになるからあまり言いたくないですが、もう勝てるマシンになっていると思います」と最後に倉川さん。

 

ついに完全体へと進化した川畑GRスープラ。筑波のストレートで一体どんな走りを披露してくれるのか、今から楽しみでしょうがない!

 

【関連リンク】

▶︎ D1公式サイト ◀︎

▶︎ 2019 TSUKUBA DRIFT  ◀︎