「アルテッツァにオンリーワンの輝きを」大技カスタム連発のキャンディピンク仕様!

公開日 : 2019/06/22 06:30 最終更新日 : 2019/06/22 06:30


鮮やかキャンディピンクのビジュアルキング見参

 

オンリーワン仕様を目指して着実な進化を続ける!

 

“スポーツラグジュアリー”を意識して製作されたSXE10アルテッツァの登場だ。

 

メイキングを担当したのは、腕利きのカスタムペインター中村さん率いるカーサービスヒロ。キャンディピンクのオールペンはもちろん、ヘッドライトカスタムやチルトボンネット&ガルウイング化までトータルで手掛けたそうだ。

 

 

エクステリアは、独創的な形状を持つフラットスペースのフルエアロにオーバーフェンダーを組み合わせたオリジナルスタイル。エロティックなボディカラーはキャンディピンクにラメを混ぜたスペシャルカラーだ。

 

 

ヘッドライトにはエッジング加工が施され、カラード化したカーボンボンネットにはユリが描かれる。これはユリの花言葉が高貴(イタリア語でアルテッツァ)であることにちなんでるとか。

 

 

フェンダーは20〜30mmのワイド化を敢行し、シルバーリーフでアクセントをプラス。ドアノブもメッキ化され、フェンダーにはダクトもインストールなど細部にまで手が入れられている。

 

 

リヤは純正バックランプをスムージングした上で、テールランプはボディ同色にコーディネイト。トランクリッドなどはメッキ化することでラグジュアリー感を引き立てる。

 

 

そしてインパクト抜群のチルトボンネットは、BMWの純正ヒンジを流用して製作。なお、ヒロではアルテッツァ以外の車種でも施工可能(約15万円)とのことだから気になる人は相談してみるべし。

 

 

アルテッツァでは珍しい20インチ(Hipnotic C-NOTE)をブチ込んだのも見どころのひとつ。ホイールはUSブランドのメッキモデルで、スポークの一部にはドクロもようのカスタムペイントも施す。

 

 

ちなみにこれらのカスタムは一気に仕上げたのではなく、オーナーと話し合いながら徐々にステップアップさせてきたそうだ。例えば、リーフやピンストはオールペン後に追加したそうなんだけど、とてもそうは見えない仕上がりだ。

 

「今時そんなフトコロに余裕がある人はいないからね(笑)。このマシンもオーナーの希望を聞きつつ、時間をかけて着実に進化させてきたって感じ。全体のバランスを崩さないように気を付けているよ」と中村さん。

 

そういったユーザー目線でのアドバイスができるからこそ、カーサービスヒロが手掛けるマシンはどれもセンス良く仕上げられているのだろう。

 

●取材協力:カーサービスヒロ 埼玉県志木市中宗岡3-17-58 TEL:048-473-1720

 

【関連リンク】

カーサービスヒロ

http://www.cshiro.co.jp/