「こんなハコスカが欲しかった!」現代的な快適装備をフル搭載したRB25キャブ仕様の理想的チューンド!

旧車らしさと先進性が交錯する至宝のチューニング!

 

キャブチューンされたRB25改ニッパチの魅力

 

1968年にデビューした、3世代目のスカイラインがハコスカだ。このモデルの発表と前後して、もともとスカイラインを製造していたプリンス自動車と日産とが合併。つまり、日産から発売された初めてのスカイラインが、C10系スカイラインということになる。

 

 

1500ccのセダンやバン、そしてロングノーズ化されたボディに6気筒のL型エンジンを搭載した4ドアのGT系、ツインカムエンジン搭載のGT-R(44ドア)など順次ラインナップを拡大。今回の取材車両がベースとする2ドアモデルは、デビューから2年ほど経過した1970年の秋にラインナップされている。

 

その後、GT-Rがレースで活躍を続け、スカイライン=走りというイメージが浸透。外観のみのR仕様というスタイルも定着していった。

 

 

今回の車両を製作したのは、お馴染みのロッキーオート。その内容は、装備やボディの完全アップデートに加え、走り屋ユーザーでも感動できるレベルまで仕上げたという機関系が自慢の1台だ。

 

車両製作の第一歩はボディ。フレームから完全補強を加え、300psのハイレスポンスエンジンに対応できるよう徹底したレストアを加える。外観は、定番のR仕様だ。

 

 

換装されたエンジンはRB25DE改。ターボチューンを加えた徹底的なハイパワー仕様にするならば、RB26DETTという選択肢もあるが、ハコスカらしいフィーリングを狙い、あえてNAチューンを目指すということからベースはRB25DEに定められた。

 

 

内部には東名パワードの2.8Lキットなどを使い排気量を拡大、同時にハイコンプレッション化。このチューニングによって、最高出力は300psに達し、ノーマルエンジンとは比にならないほどのレスポンスとトルクの向上を達成している。また、ハイカムの効果で高回転までストレスなく吹け上がるのも醍醐味だ。

 

 

さらに、吸気はあえてソレックス44φを使ったキャブチューンとした。この選択により、いかにも旧車らしい豪快なフィーリングを得ることができるのだ。とはいえ、点火系はコンピュータで緻密な制御がなされているため、始動性の不安や回転域によるフィーリングのムラなどの心配はご無用。

 

 

排気系も、オリジナルの等長エキマニに加え、デュアルマフラーにより、エンジンの性能を引き出すことはもちろん、高音の効いたサウンドを奏でるチューニングとなっている。

 

 

足回りのチューニングも徹底。フロントサスペンションは調整式アーム等で最適なアライメントを実現しつつ、スタビの強化でロール量を低減。リヤも、車高ダウン時の過度なネガティブキャンバーを抑制するために、キャンバー調整が可能な調整式ロワアームを投入して補正している。駆動系はR32用(FS5W71C)ミッション、フィン付きカバーの後期型R200デフ+LSDに変換して強化済みだ。

 

 

ブレーキは前後ともにR33用の新品ブレーキをセット。当然リヤもディスク化され、サイドブレーキは油圧タイプに引きなおされている。

 

ロッキーオートの拘りでもある快適装備もしっかりインストールされている。

 

 

その最たる例が油圧式パワーステアリングの装備だ。取りまわしのストレスを解消するだけでなく、同時にラック&ピニオン化されているためハードに攻め込んだ際のハンドリングも大きく改善できるわけだ。

 

 

インテリアを覗けばパイオニアのHDDナビ&オーディオが確認できる。最近は各地のイベントやミーティングに参加するオーナーが多く、必須装備でもある。

 

 

ヘッドライトはHID化。好みによってハイビーム、ロービームの色温度を変えるなんてことも可能だ。

 

快適な現代風の性能を旧車に求めるユーザーはもちろん、旧車チューンを知り尽くした拘りのユーザーにも自信を持ってオススメできる仕様に仕上げられているのだ。