「FD3Sの弱点を克服するスーパーチャージャーという選択肢」熱害や低速トルクの細さにもう悩まされない!

公開日 : 2019/06/19 05:30 最終更新日 : 2019/06/19 05:30

スーパーチャージャー仕様のFD3Sってメリットだらけ!?

 

FD3Sの弱点をカバーするロータリーチューンの新機軸

 

高回転までストレスなく吹け上がるフィーリングが持ち味のFD3S。その代償と言ってはなんだが、低速トルクの細さや熱の問題などレシプロに比べて色々厄介な部分があるのも否めない。

 

 

そんなロータリーならではの弱点を克服することを目的に製作されたチューンドが、名チューナー前川氏率いるエスプリ作のスーパーチャージャー仕様だ。

 

 

軸となるスーパーチャージャーには550〜600ps対応のHKS GTS8550を採用。プーリーやベルト、テンショナーといった部品をイチから製作することで、本来ならタービンが収まるべき位置に違和感なくスーパーチャージャーをマウントする。

 

 

なお、HKSのGTスーパーチャージャーはコンプレッサー形状がタービンっぽいので、パッと見はシングルタービン仕様にも見えるのも面白い。ルーツ式の約半分というコンパクト設計だからこそ、違和感のない装着位置を実現できているわけだ。

 

 

クランク軸回転をいかにロスなくスーパーチャージャー側に伝えるかは、チューナーの腕の見せドコロでもある。エスプリでは様々なサイズの試作プーリーをテストし、高回転までパワーの落ち込みがないよう味付けている。なお、ピーク時のスーパーチャージャー回転数は13万回転にもなるそうだ。

 

 

クランク軸(エキセントリックシャフト)の回転で駆動するスーパーチャージャーは、ターボ車と異なり熱害が少ないのも大きなメリット。このマシンでも以前のフルタービン仕様では水温90度、油温100度程度だったのが、スーチャー化したことで80度前後でビシッと安定するようになったそうだ。

 

 

気になる出力は、F-CON Vプロ制御で最大ブースト圧1.0キロ時に400ps。オーナーもこのスーパーチャージャー仕様のフィーリングには大満足の様子で「アクセルを踏んだ瞬間からトルクが立ち上がってくる感じで、街乗りがかなり楽になりましたよね。ターボラグがなくスムーズに吹けあがっていくので、アクセルを踏み込んだ時も怖くないし扱いやすい。グイグイ加速してく感覚は感動ものです」とコメント。

 

 

ちなみにこのFD3Sは、ドライカーボン製リヤゲートやGTウイングを装備する本格仕様だが、よくよく見ると痛車だったりする。キャラは、アニメ『まりあほりっく』のSHIDOU MARIYAだそうな。

 

スペック

13B-REW改スーパーチャージャー仕様/HKS GTS8550スーパーチャージャー/トラストTiRチタンマフラー/ブリッツ 前置きインタークーラー/サード アルミ3層ラジエター/HKS F-CON Vプロ/ツインプレートクラッチ/クァンタム車高調/プロドライブGC010G(9.5J×17+15)/FEED フロントバンパー、サイドステップ/シルクロード ボンネット/エスプリ ドライカーボンリヤゲート、GTウイング 他

 

●取材協力:エスプリ 三重県鈴鹿市住吉3-19-1 TEL:0593-70-8080

 

【関連リンク】

http://www.esprit.to