「もはや車種不明!内装は完全にメーカーコンセプトレベル!」EJ1シビッククーペの超絶カスタム登場! | web option(ウェブ オプション)

「もはや車種不明!内装は完全にメーカーコンセプトレベル!」EJ1シビッククーペの超絶カスタム登場!

Z33顔にセンターメーター化! 大技連発のEJ1シビッククーペ!

 

タイプRのエンジン&足まわり移植で走りもイケる!

 

Z33フェイスの顔面スワップにより車種不明感を放ちまくるEJ1シビッククーペ。ワイルドスピードに憧れ、スポコン仕様にしようと逆輸入の左ハンドル車を入手、オーナーが約6年かけてコツコツとカスタムしてきたマシンだ。

 

 

そのテーマはUS系パーツをふんだんに盛り込んだ“大人のカスタム”。ローユーロやラグジュアリー系に負けないルックスを目指し、オーディオカスタムを得意とする奈良県の『フリーサウンドセクション』にトータルコーディネイトしてもらったそうだ。

 

 

とにかく全体のまとまりが抜群なのだが、なかでも注目したいのがインテリアの作り込み。

 

 

完全ワンオフとなるインパネにはスピーカーが4発埋め込まれ、その中央に唯一のメーターとなるタコメーターを配置。さらにリヤシート部にはジェットエンジン風のイメージしたウーファーボックスが鎮座するなど、まさに大ワザカスタムのオンパレードなのだ。

 

それでいて不思議と嫌味がないのは、シンプルな造形やカーボン調の色合いなどで“やりすぎ感”をキッチリおさえ込んでいるからなのだろう。

 

 

当然、エクステリアの作り込みも気合いが入っていて、シビック用の約3倍もの面積があるというZ33用のヘッドライトを違和感なくインストール。

 

 

さらに、センター2本出しマフラーやトランクまわりのスムージングにより、シンプルながらインパクトのあるリヤビューを構築。ボディカラーはフリーサウンドセクションオリジナルの深みのあるレッドだ。

 

 

鉄板叩きだしのフロントフェンダーにより、ユーロマックスXXR改の18インチをツラウチで収める。ACCのエアサスを導入してるので、段差や勾配がきつい街乗りも余裕でこなす。

 

ついついルックスばかりに目がいってしまうが、動力性能に磨きをかけているのもこのマシンの見逃せないポイントだ。

 

 

部品取りのEK9シビックタイプRを入手し、B16Bエンジンやミッション、そして足まわりまでゴッソリ移植。完全にタイプR化しているのである。

 

 

見た目だけでなく走りもイケてるこのシビックは、アメリカのストリートドラッカーをルーツとするスポコン仕様の原点に返ったマシンと言い換えることもできるだろう。

 

スペック

B16Bエンジン換装/TFレーシング改センター2本出しマフラー/ヴェイルサイド フロントバンパー改/サイドステップ ボメックス リヤバンパー改、ボメックス エアロミラー/Z33用ヘッドライト移植/ACCエアランナー/ユーロマックスXXR改(7.5J×18+42)/ACCオートメカニック タコメーター/シモーニレーシング ステアリング/EK9純正シート/センターメーター化/ジェットエンジン風ウーファーボックス 他