「BNR34パーツでフル武装した羨ましすぎるBNR32“ニュル”仕様!」ボディカラーはもちろんミレニアムジェイド!

公開日 : 2019/06/17 05:30 最終更新日 : 2019/06/17 05:30


BNR34用パーツで完全武装したニュルカラーの32R見参!

 

2.8L+Vカム+GT-RSツインで万能型の550psを発揮!

 

第二世代GT-RのファイナルモデルであるBNR34 VスペックIIニュル。その専用色となるカラーリング(ミレニアムジェイド)にオールペンした上に、BNR34のエンジンやゲトラグ6速MTを移植するなど、まさに“R32GT-Rのニュル仕様”と呼ぶにふさわしい仕上がりをみせるのが、このBNR32。

 

製作のキッカケは、オーナーが以前から乗っている最高速仕様のBNR34のチューニングが進むにつれ、取り外した純正部品のストックが溜まってきたから。

 

 

そこで、オーナーはもう1台格安のBNR32を入手し、余ったBNR34の純正部品をフル移植することを決意。それならチューニングコストもおさえられるし、普段乗りできるチューンドも手に入るので一石二鳥だったというわけ。

 

 

換装したエンジンは、最高速仕様のBNR34に搭載されていた2.8L仕様だ。これにGT-RSタービンをツイン装着し、最大ブースト圧1.6キロ時に550psを発生する。Vカムにより可変バルタイ化もしているので低速域からトルクフルで、街乗りも快適なんだとか。

 

 

スタイリングを構築していく上で、オーナーが拘ったのは“街中でも映えるプレミアム感”だ。それでいてサーキットでの走行安定性まで考え、ディフェンドレーシングのスティングレー・カナードやVOLTEXのGTウイング、シフトのカーボンボンネットといった本物指向の空力パーツをチョイス。

 

 

さらに、それにあわせてBNR34純正リップを追加しバンパーに厚みを持たせたり、フロントフェンダーをさりげなくワイド化するなど、全体のまとまり感を重視したメイキングが施されている。

 

 

灯火類のリフレッシュは古さを感じさせないための必須項目。このマシンもヘッドライトをHID化すると同時にLEDテールに交換されている。その脇にはNurを主張するエンブレムが見える。

 

ホイールはボルクレーシングTE37の18インチ。フロントをワイド化することで、もう1台のBNR34と使い回せるようにしている。

 

 

一方のコクピットも妥協のない仕上がりだ。純正フードにインストールされたスタックメーター&ブースト計やカーボンパネルがレーシーさをいっそう引き立てている。

 

 

シートは運転席側がブリットのセミバケ、助手席にはBNR34の純正シートをセット。内装まわりも経年劣化がみられる部分はすべてリフレッシュされているため、まったく古さを感じさせない。

 

 

そのスタイルは決して新しいというわけではなく、むしろBNR32としては定番に近い仕様だ。それにも関わらず、ここまで新鮮な感じがするのは、やはりニュル仕様を意識したメイキングが効いているのだろう。

 

 

取材協力:ディフェンドレーシング 愛知県西春日井郡春日町下之郷鳥出4番地 ☎052-409-9700

http://www.defend-racing.com