「1.6Lエンジンにツインターボ+NOSで500馬力!」大排気量キラーのNAロードスター現る! | web option(ウェブ オプション)

「1.6Lエンジンにツインターボ+NOSで500馬力!」大排気量キラーのNAロードスター現る!

異色のゼロヨンマシンで大排気量勢に勝負を挑む!

 

1.6LのBPエンジンで500馬力までパワーアップ!

 

20年以上の長いゼロヨン歴を誇るオーナーが、大排気量ターボ勢と真っ向勝負するために育てたNAロードスターだ。

 

 

1.6LのB6ユニットにAX53B60タービンを2機搭載したツインターボ仕様。戸田のハイカムを組み込み、ガスケットで圧縮比を変更したりはしているが、B6エンジンの腰下はフルノーマルながら、軽く400psは発揮するというからオドロキだ。さらにドーピングとしてNOSも搭載。噴射時には100psのエクストラパワーを得られる計算だ。

 

ハイリスクはじゅうぶん承知していて、鍛造ピストンやI断面コンロッドを組んだ1.7L仕様のエンジンをスペアとして準備している。

 

 

ただし、排気量の小さいクルマで大排気量マシン勢と勝負するため、かなり高回転型のセッティングになっていて、おいしいのはせいぜい7000~8500rpmの領域なのだとか。しかも、ただでさえ軽いボディを900kgまで軽量化しているため、挙動を安定させたまま1500rpmという狭いパワーバンドをキープするのは至難のワザ。相当なドラテクが必要なマシンというわけだ。

 

 

冷却系も徹底的に手が入り、HKSの大容量インタークーラーとARCのアルミ3層ラジエターはV字型にマウント。見た目のインパクト通り「冷えすぎかな」と思うくらいまでクールダウンしてくれるという。

 

 

オイルクーラーはフロア下に設置。油温を安定させることでエンジンのダメージを大幅に軽減。おかげでこれまでに250本以上のゼロヨンを走っているが、ノーマルの腰下を1度も傷めていないそうだ。

 

 

トランクには12Lの安全タンクとNOSボンベを設置。ちなみに、NOSは3速に入れた瞬間と4速にシフトしてから手動で噴射するが、勝負どころでは2速や1速の途中からガンガン使っていくそうだ。

 

 

外装はピラーとリヤフェンダー以外はボディパネルをFRP製パーツに交換。大きな重量ハンデとなる幌も取りはずし、FRPハードトップにスイッチする。一応、街乗りでも使ってはいるが、エアコンやワイパーなどもいさぎよく撤去している。

 

 

取材時のアタックではほぼシェイクダウン状態だったにも関わらず12秒フラットをマーク。「さらにセッティングを煮詰め、ビビらずにもっと踏み込んでいけるようになれば11秒前半はイケる」と、オーナーの手応えは十分。なにより“大排気量キラー”のNAロードスターなんて、なんとも夢のあるチューンドではないか。