【粟野如月コラム】クルマがない!? デフもない!? 波乱万丈の台湾ドリフトシリーズ参戦記!【KISA’s DRIFT LIFE vol.17】 | web option(ウェブ オプション)

【粟野如月コラム】クルマがない!? デフもない!? 波乱万丈の台湾ドリフトシリーズ参戦記!【KISA’s DRIFT LIFE vol.17】

5月25、26日に台湾の高雄夢時代で開催されたFuncity Driftに参戦しました!今回で3回目となった台湾遠征。ところがトラブル続出で不眠不休!? 波乱の開幕戦参戦エピソードをお届けします。

 

台湾初のFIA公認大会が今年も開幕

 

 

Funcity Driftは今年で2年目となるFIA公認大会。事前に行われた選考会で、ライセンスを獲得できた選手だけが参戦できる大会となっています。去年に引き続き、今年もこの大会に参戦できることになりました! しかも、開幕戦の舞台は去年私が台湾ではじめて走った思い出の場所、高雄夢時代です。またこの舞台に帰って来れたことが本当にうれしい! 私が台湾で1番好きな場所です。

 

 

今回の審査員は、D1GPドライバーの横井昌志さん。金曜日に予選が行われ、土曜日と日曜日にそれぞれ追走トーナメントが行われるデュアル開催でした。特設コースなので選手たちの練習量もイコールです。去年の最終戦を、表彰台あと1歩の4位で終えていたので今回もちろん狙うは表彰台! だったのですが…まずは大会前日、木曜日のお話です。

 

クルマがない!?

 

もう予選は明日だというのに、チームから信じられない報告を受けました。今年は、去年の最終戦で使用したマークIIでシリーズ参戦の予定だったのですが、なんと.. すでに車両を売却されてしまっていました。社長いわく、売却はしているものの大会の時だけレンタルして私を乗せるつもりだったらしいのですが、新しいオーナーも同じ大会に出ることになったから借りれなくなったと。だから代わりに見つけてきたよと言われたクルマがこちらのチェイサー。

 

 

みなさんの言いたいことは、全部わかります(笑) 大会前日に夜まで必死でドアを探す私たち…。ロールバーもない状態だったので、レギュレーションに合わせるのがとにかく大変でした。

 

予選日

 

なんとか動かせる状態にはなったけど、金曜日の練習走行は30分1ヒートのみ。エンジンどノーマルでしたが、それにしてもパワーがなさすぎる…。1周走るごとにトラブルが次々発生。パイピング抜け、プラグ抜け、ブローオフブロー、燃料ポンプが死亡。そして最後のトドメは、なんとデフが入ってませんでした。デフの入ってないドリ車なんて逆に乗ったことないよ…。

 

 

今回の大会は、土曜日と日曜日2日分の予選が両方金曜日に行われたので、この予選を走らなければ2日間とも走ることができません。予選まであと1時間。慌ててデフを探しましたが現地で見つけることが出来ず、もう打つ手なしと思いましたが、その時…!

 

さぁ、みなさん続きが気になってきたところで今回のコラムはここまで!(笑) この続きは6月26日発売のOPTION誌8月号に掲載されます!

 

悔し涙と同じだけ、嬉し涙もありました。たくさんのドラマがあった濃い3日間、ぜひOPTION本誌を見てくださいね!