「ハイレスポンスを徹底追求したスモーキー永田流VQ35DEチューニング」Z33を楽しくする独自の吸排気チューン! | web option(ウェブ オプション)

「ハイレスポンスを徹底追求したスモーキー永田流VQ35DEチューニング」Z33を楽しくする独自の吸排気チューン!

VQ35DEを「どこまで気持ちよくできるか?」に挑戦した意欲作

 

スモーキー永田流のNAチューニング

 

これまで数多くの日産V型エンジンチューンを手がけてきたトップシークレットが、試験的に製作したのがこのZ33だ。エンジン本体にはいっさい手を入れず、サージタンクやスロットルなど、吸気系パーツを変更することでどこまでパワーを引き上げられるかに挑戦したのである。

 

 

目指したのはハイレスポンスなVQ35DE。トルクは太いが吹け上がりが重いエンジンを、アクセルペダルと連動してリニアに加速するスペックへとと変身させることが狙いだ。

 

 

スモーキーがまず製作したのは、内部にインマニが組み込まれたアルミ製の大容量サージタンク。「NAにそんなの必要?」と疑問に感じる人もいるだろうが、VQ35DEの純正サージタンクは形状がよろしくない上に容量も不足気味。それもあって6500rpmで頭打ちするわけだが、これを見直すことで、気持ちよく高回転まで吹け上がるフィーリングを手にすることができるわけだ。

 

 

また、VQ35DEチューンを進めていく上でネックとなる電子制御スロットルにも手を入れた。もちろんECUチューンで開度補正すればスポーティに味付けできるが、リニアなレスポンスを追究するならワイヤー式のほうが上手だ。加えて、純正の66φスロットルでは吸気効率が悪すぎるという理由からワイヤー式の100φビッグスロットルに変更。それにあわせインテークパイプを製作するなど、トコトン吸気効率アップに拘った。

 

 

排気に関しては、メイン70φ→テール110φの2本出しチタンエキゾーストを装備。排気効率の高さはもちろん、約9kgという軽さを実現したモデルだ。見た目にも美しいリヤディフューザーはトップシークレットのオリジナルとなる。

 

 

こうした吸排気チューンに純正ECU+F-CON iSの緻密な制御を組み合わせることで、ハイレスポンスな350psの創出に成功。「自然吸気のNAでは、どれだけエンジンが必要とする空気を送り込めるかがパワーアップのカギを握るんだよね」とスモーキー。

 

 

パワースペックのみならず、車内から車高を上げ下げできるロベルタカップを組んだオリジナル車高調や、冷却性能や空力まで考え抜かれたエアロパーツもインストール。さらに、長時間の全開走行でも根を上げないように高効率なARCラジエター+オイルクーラーを組むなど、テスト車両と言えども改造個所は数えきれないほどに達しているのだ。

 

●取材協力:トップシークレット 千葉県千葉市花見川区三角町759-1 TEL:043-216-8808

 

【関連リンク】

トップシークレット

http://www.topsecretjpn.com