「NAで400馬力オーバーを出力するモンスターS31Z!」OS技研のL型コンプリートエンジンをさらにチューニング! | web option(ウェブ オプション)

「NAで400馬力オーバーを出力するモンスターS31Z!」OS技研のL型コンプリートエンジンをさらにチューニング!

NAのままで420馬力を絞り出すS31Z

 

OS技研のコンプリートエンジンをさらにチューニング!

 

OS技研が開発したL28ベースのツインカムNAエンジン「TC24-B1Z」をオリジナルチューンし、3240cc(420ps)までスペックアップしたのは2018年のこと。

 

モーテック制御のL型エンジンを搭載し、JDDA(ジャパニーズドラックバトル)ウエストでは3年連続クラス優勝を遂げた経歴を持つS31Z。

 

 

2018年にスペックアップを狙ってパワーソースを一新。搭載されたのは、OS技研のL型ツインカムヘッドが組み込まれた「TC24-B1Z」だった。ただし、コンプリート仕様をそのままではなく、プロショップ・ナカガワによるオリジナルチューニングでさらなるアップデートを敢行し、NAながら420ps/42.5kgmという強烈なスペックに仕上げられている。

 

 

なお、ポートは高効率化を狙ったストレートポート仕様を採用。ただし、そのままではインマニ&スロットルがボンネットと干渉するため、エンジンは角度を変えて直立搭載。オイル溜まりの角度が適合しなくなったことから、オイル潤滑は安定したドライサンプ方式へと変更している。ちなみに、高回転時に適正な油圧とするためのプーリー比が不明だったため、実走での油圧をモーテックでモニタリングしてセットアップを行ったという。

 

 

53φの6連スロットルはOS技研の試作品だ。インジェクターには霧化の良い12ポートタイプを使い、モーテックでシーケンシャル制御する。

 

 

ECUはモーテックのm84。点火&燃料系の気筒別制御やロガー機能を充実させるため、エンジン後方からクランク角に加えカム角の信号も取り出している。

 

 

点火系はデスビが廃止されダイレクトイグニッションへと進化。1万回転オーバーでも正確な点火を実現する。

 

 

こうして完成したNAフルチューン仕様だが、そのポテンシャルは想像以上のものだった。これまでのベストタイムは10秒78だったが、TC24-B1Z改に換装した直後のシェイクダウンで10秒48と、いきなりベストタイムを更新。今後セットアップを煮詰めれば、NAのまま9秒台入りは間違いなく達成するだろうとのことだ。

 

 

ちなみに、OS技研のツインカムエンジンは高回転域もスムーズで自然と1万回転近くまわる性能を持っている。そんな高性能エンジンだからこそ、高精度な電子制御を取り入れることでポテンシャルを余すことなく引き出すことができるのである。

 

スペック

■エンジン:OS技研 TC24-B1Z(オリジナルチューン・直立搭載)、試作6連スロットル、専用インマニ(ストレートポート)/ワンオフエキマニ、カムシャフト(IN/EX320度11mmリフト)/MORE DRIVE 89.5φピストン、86mmストローククランク、コンロッド/モーテックm84/サード12ホールインジェクター(550cc×6)/トラスト アルミラジエター ■ドライブトレイン:トラスト6速シーケンシャル/MORE DRIVE カーボンツイン(オフセットフライホイール) ■サスペンション:テイン スペシャライズダンパー(6kg/mm)/MORE DRIVE パイプアーム ■ブレーキ:F ウィルウッドキャリパー R AE86キャリパー&ローター ■ホイール:ウェルド ドラッグライト(15インチ) ■タイヤ:フージャー(F フロントランナー R ドラッグスリック)

 

●取材協力:プロショップ・ナカガワ 兵庫県姫路市余部区下余部1239  TEL:079-272-3883

 

【関連リンク】

プロショップ・ナカガワ

https://more-drive.jp