「ゼロヨン9秒624の記録を持つ美しすぎるS15シルビア顔の180SX」チョップドルーフで究極のワイド&ローフォルムを演出! | web option(ウェブ オプション)

「ゼロヨン9秒624の記録を持つ美しすぎるS15シルビア顔の180SX」チョップドルーフで究極のワイド&ローフォルムを演出!

ゼロヨン9秒624の180SX最強ラジアルドラッガー

 

ロールーフ&ワイドボディで魅せる!

 

この美しいマシンは、ラジヤルタイヤのシルビア&180SXで日本一のゼロヨンタイムとなる9秒624を記録(2007年当時)したユーザーチューンドだ。

 

 

まず心臓部のSR20エンジンは、フルカウンタークランクなどを使ったフルチューンスペック。T51R-SPL BBタービンと280度12.5mmリフトというハイカムの組み合わせ、9000rpmの許容回転数と2.3キロのブースト圧で800psを絞り出す。また、ラジエターはトラクションアップと吸入空気温の低下を目的にしてリヤに移設、燃料クーラーで燃温コントロールもなされている。デフはGT-R用をロックして使っている。

 

 

800psを受け止めるサスペンションは、トラクション重視でアームの取り付け位置まで変更したスペシャルとなる。タイヤは拘りのニットーNT555Rだ。

 

 

室内は完全なレーシングスペックで、内装類は全撤去した上でカーボンダッシュボード等の軽量マテリアルによって軽量化を実行。サイドバー入りロールケージで安全面への配慮も欠かさない。ミッションはHKSのHパターンドグ、勝負にはドライバーのテクニックが必要だが操る楽しさがあるそうだ。

 

 

そしてエクステリア。ベースのエアロパーツはシーウエスト製だが、原型が分からないほどカスタムされている。バンパーは空力抵抗を最低限にするために不要なダクトをスムージング。フルカウルのドラッグマシンや、ナスカーなどアメリカのパワー系モータースポーツマシンの雰囲気を求めて形状を煮詰めていったという。

 

 

さらに、ワイド&ローの演出と空気抵抗の低減を狙ってルーフ位置を30mmダウン。いわゆるチョップドルーフ仕様である。ウインドウを切りつめてピラーを傾斜させるなど大作業となったが、この唯一無二のローフォルムにはオーナーも大満足とのことだ。

 

 

仕上げのカラーリングもナスカーをイメージしながら個性を演出。このカラーリングは車両メンテナンスを行っているスクリーンの千葉代表が提案したものだそう。遠くからでも車両を認識しやすいようにあえて細かな柄系にせず、ツートンを基調にブラックでボトムを引き締めてアクセントにストライプを入れるなどしている。

 

 

なお、オーナーが愛機をここまでドレスアップしたのには大きな理由がある。「タイム一辺倒のマシンメイクが多いでしょ。自分がこうすることで、周囲のドラッガーに少しでも影響を与えたくて」。そう、この美しいマシンは“力こそ正義”でデコレーションに興味を示さない、日本のゼロヨンシーンを変えていきたいという強い願いに他ならないのだ。

 

●取材協力:スクリーン TEL:022-348-3761

 

【関連リンク】

スクリーン

http://www.screen-powers.net/