「次期RX-7はこうあってほしい!」フジタエンジニアリング渾身のスーパーロータリーチューンド! | web option(ウェブ オプション)

「次期RX-7はこうあってほしい!」フジタエンジニアリング渾身のスーパーロータリーチューンド!

西のロータリーチューナーが手がけたFD3Sスーパーチューンド

 

次期RX-7の姿を夢見てエクステリアを開発!

 

フジタエンジニアリングがAFFLUX(アフラックス)バージョンVと名付けたボディキットの試作モデルを初めて公表したのは、2006年1月の東京オートサロン。その翌年のオートサロンでは細部の作り込みをさらに洗練させた市販バージョンを発表。

 

 

キット価格は165万9000円、塗装や取り付け、各部の加工も含めたコンプリートプライスは210万円に達するにも関らず、春のオーダー受付開始から半年で8台を受注。その後も究極のスタイルを求めるFD3Sユーザーたちから定期的にオーダーが入っているという状況だ。

 

なお、キット名のアフラックスはフジタエンジンニアリングが展開するエアロパーツブランドを指し、バージョンVは勝利を意味するヴィクトリー(Victory)に由来する。

 

 

このボディキットは西日本を代表するロータリーチューナーである藤田さんが「次期RX-7のスタイリングはこうあるべき!」というマツダへのメッセージを凝縮させたカタチなので、バージョンVという名前には「すべてを出しきった!」という達成感も込められているそうだ。

 

 

フロントは、大開口のメインダクトやオイルクーラーの冷却を意識したサブダクトなどチューンドロータリーに必要な冷却性を用意。ヘッドライトはHIDプロジェクターランプ(ロービーム)が標準だ。

 

 

フロントフェンダーは片側で35mm拡大され、ボディの一部を加工することで255/30-19といった大径ワイドタイヤを装着することも可能だ。

 

 

何度もリファインを重ねたというリヤビューは、最も苦労したパートのひとつ。できるだけシンプルに絞り込むことで、フェンダーのワイド感を強調しているのだ。また、リヤカウルのボリュームに合わせて、コンパクトなサイレンサーを採用した専用マフラーも同時に開発した。リヤフェンダーは片側50mmのワイド仕様だ。

 

 

そんなエクステリアに負けないよう動力性能も大幅にブラッシュアップ。心臓部はGT3540タービンを組み込んだ420ps仕様。エンジン本体はノーマルだが、やや小さめのタービンを選ぶことでハーフスロットルでのツキもよく、扱いやすい特性を狙っている。

 

 

クーリングパートは定番のVマウント式ではなく、インタークーラーとラジエターを上下にオフセットさせる独特の配置を採用。さらにアルミでボックス形状の導風板を作り、走行風をあますことなくインタークーラー&ラジエターに導く工夫がなされている。

 

 

一方の足回りは、オリジナルのFEED PRO F-03(車高調)を軸に構築。ガチガチに固めるのではなく、あくまでもストリートスポーツであることを強く意識した味つけで、しなやかで軽快なハンドリングが楽しめる。

 

 

インテリアメイクも抜かりはない。限定モデルのスピリットR純正レカロをベースに、サイドサポート部をレッドのアルカンターラに張り替え、ブラック/レッドのツートンにリメイク。レッドのダブルステッチもプレミアム感を高めている。

 

西のトップチューナーが手がけた大作は、ビジュアルと運動性能を高い次元で融合させたオールラウンド型ロータリースポーツの提案なのである。

 

●取材協力:フジタエンジニアリング TEL:072-258-1313

 

【関連リンク】

フジタエンジニアリング

http://www.fujita-eng.com