「え!? R32スカイライン顔のAE86だと?」衝撃的すぎる顔面移植マシン登場! | web option(ウェブ オプション)

「え!? R32スカイライン顔のAE86だと?」衝撃的すぎる顔面移植マシン登場!

異端すぎるスカイライン顔のハチロク!

 

コアサポートを追加してフェイスリフトを実行

 

衝撃的だ。なんと、AE86にHCR32スカイラインのフロントフェイスを移植してしまったのである!

 

 

なぜこのようなフェイスリフトを実行したのかというと、入手したAE86がサビだらけ大幅なレストア作業が必要だったことに起因する。どう対処するか考えていた時に、たまたま安くHCR32のパーツ一式が手に入ったため、ノリと勢いで顔面スワップに踏み切ったそうだ。

 

 

エンジンルームを覗くと、そこにはコアサポートが2本。コアサポートを切断してしまうと、車検時に強度検討が必要になって面倒だ。そこで、ハチロクのコアサポートは残しつつ、その前方にスカイライン純正のコアサポートを追加しているのである。なお、ノーズはエアロも含めて22cmも延長されている。

 

 

また、コアサポートを追加するだけでもヘッドライト等は固定できるが、取り付け部分の強度を考えてスカイライン純正のクロスメンバーも追加。こうしておかないとライトがグラついたり、ボンネットストライカーをキッチリ固定できないからだ。

 

 

車幅をスカイラインに合わせて製作されているのもこのマシンのポイントだ。前述のフロントクロスメンバー類まで移植したことで、ボンネットストライカーはもちろん、HCR32用の純正や社外のボンネットなどを加工することなく利用可能。つまり、ステップアップしてGT-Rフェイスという仕様も作れるのである。フェンダーはAE86純正とHCR32純正をニコイチで製作している。

 

 

なお、製作前はリヤフェンダーもサビで腐っていたため、オリジン製のワイドフェンダーを装着。フェンダー内の腐っていた部分はバッサリとカットして、19インチホイールを収められるようにしている。取材時のホイールサイズは17インチの8J、オフセットはフロントが+34(30mmスペーサー)、リヤ+30(60mmスペーサー)だった。

 

 

ちなみに、エンジンはノーマルの4A-Gのままだ。直6エンジンを積むHCR32のボンネットを流用しているのでノーズが長くなり、フロントはスカスカ状態。これならフロントをクラッシュしてしまっても、ラジエターを破損する心配は少ないかも!?