「これが旧車チューンの理想系か!」電装系のみをデジタル制御してエンジンはL28改3.2キャブ仕様を楽しむS30Z! | web option(ウェブ オプション)

「これが旧車チューンの理想系か!」電装系のみをデジタル制御してエンジンはL28改3.2キャブ仕様を楽しむS30Z!

トラブルが起こりやすい電装系のみをモーテックPDM15で制御!

 

エンジンはL28改3.2Lフルチューンのキャブ仕様!

 

レストアと同時にボディ各部に補強を加え、シャシー性能からキッチリと高められたS30Zの登場だ。

 

 

スポット増しはもちろん、開口部やフレーム、バルクへッドなどには補強材を重ね合わせるなどして、当時とは比較にならないほど進化したタイヤのグリップ性能を受け止める。車重は現状で900kgとのこと。

 

 

搭載されるエンジンは、L28ベースの3.2Lフルチューン仕様だ。燃焼室形状まで作り替え、50φのソレックスキャブレターを装備して350psを発生する。将来的にはECUによる電子制御化も視野に入れているという。点火系はワコーテクニカルの製品群などを使い強化済みだ。

 

 

オルタネーターも現行に近いモデルのデンソー製を流用。発電量も高くコンパクトなどの性能が高い上に、何より入手が容易なのがメリット。ステーやプーリーのカスタムセットアップはプロショップ・ナカガワの得意領域だ。

 

 

なお、エンジンはメカニカル仕様だが、電気系統はモーテックPDM15(ヒューズ機能が盛り込まれたスイッチング&ブレーカーボックスのPDMモジュール)によってイチから再構築され、その配線は汎用ワイヤーではなく軍事規格(MILスペック)の高品質タイプのワイヤーを使用しているほどだ。

 

 

また、S30の雰囲気を壊さないため、スイッチ類は純正と時代感のあるトルグタイプを使ったパネルなどで仕上げているのもこのマシンの特徴と言えよう。

 

 

一方のブレーキ系は、フロントキャリパーにウィルウッドのシステムを、リヤにはAE86用のリヤブレーキシステムを流用してディスク化している。手に入りやすい時期は過ぎているため、流用素材としてさいてきではないかもしれないが、サイドブレーキワイヤーの取り回しなどが良く流用されるシルビア用などより使いやすいそうだ。ブラケットは以前製作したものの在庫があったとのこと。ブレーキマスターバック&シリンダーはS13用、以降の車両はシリンダーがタンデム式となるためS13用が使い勝手がいいという。

 

 

その他、駆動系は定番のR200デフを導入してR31用等速ドライブシャフトもセットするなど、全方位スキなく手が入れられているのだ。キャブ仕様の魅力を残したまま、旧車の弱点でもある電装系トラブルを完全に排除したチューンドS30、魅力的すぎるだろう。

 

スペック

■エンジン:L28改3.2L/亀有89.5φピストン、77度Iカム/キャリロ コンロッド/LD28クランク改/ATIダンパープーリー/ヘッド 燃焼室フル加工、46&38φバルブ(イスキーバルブスプリング)、41φハイポート/48φ等長エキマニ6-2-1/ソレックス50φキャブレター/ワンオフマフラー/トラスト ラジエター(R33用)、オイルクーラー/フルバランス取り ■ドライブトレイン:OS技研 71Cクロスミッション、トリプルプレートクラッチ/ニスモLSD(R200/3.9ファイナル)/R31ドライブシャフト ■サスペンション:テイン スペシャライズダンパー ■ブレーキ:Fウィルウッドキャリパー(290mmディスクローター) R AE86キャリパー&ローター ■ホイール:RSワタナベ(F15×8J R16×8J) ■タイヤ:ディレッツァ(F195/55R15 R225/45R15)

 

●取材協力:プロショップ・ナカガワ 兵庫県姫路市余部区下余部1239  TEL:079-272-3883

 

【関連リンク】

プロショップ・ナカガワ

https://more-drive.jp