「機関から外装までGT-R化!」ER34スカイラインの美しきドリフトスペック | web option(ウェブ オプション)

「機関から外装までGT-R化!」ER34スカイラインの美しきドリフトスペック

心臓部はRB26フルチューン! FRスカイラインで完全GT-R仕様をメイク!

 

細部まで作り込まれドリフトスペック

 

ハイレベルなチューンドコンプリートカーの開発&販売を展開するクールレーシング。その代表である片岡さんの愛車が、今回紹介するER34スカイラインだ。

 

 

ターゲットにステージはドリフトで、現仕様はドリフトコンテストを想定してリメイクしたものだ。

 

 

エンジンはRB25DETからRB26DETT改へと換装。エンジン本体はノーマルに準ずる程度といいながらも、低回転域犠牲にせずドリフトしやすい内容を目指した530ps仕様になっている。パイピングの作り込みや細部のパーツ選び、取り付けなどから丹念に作り込まれているのが見て取れる。

 

 

ヘッドにはHKS可変バルブタイミングシステム『Vカム』を組み込み、タービンにはウエストゲート式のTO4Zを選択。高回転・高出力化ではなく、実用域のトルク向上を中心に考え、扱いやすくドリフトしやすいエンジンにまとめられている。

 

 

走行速度が低く、熱のこもりやすいミニサーキットのドリフト走行会に行くことも多いため、クーリング対策は重要課題。コーヨーのラジエターやトラストのインタークーラーには、ヤシオファクトリーノウォータースプレーをセットするなど万全の構えだ。

 

 

一方、エクステリアはER34でGT-Rフェイスという車両はよく見かけるが、このクルマの場合はなんと本物のGT-Rリヤフェンダーまで移植してワイドボディ化、またブレーキキャリパーも前後BNR34ブレンボを移植するなどその仕上げに抜かりがない。とはいえ“なんちゃってR”呼ばわりされるのも好まないため、あえてエンブレム類はつけていないという。

 

 

屋根には、光沢ありの同色(ブラック)シートでアクセントとなるデザインを入れる。ドレスアップ系のトレンドをさりげなく取り入れている。

 

 

インテリアには、ブリッドのガイアスIIを2脚装備し、デフィのメーターなどを埋め込む。GT-Rっぽさを演出するために、純正のマルチファンクションディスプレーをダミーでインストール。

 

 

美しいホイールはワークのイクサ03Cの特注色。タイヤはフロントが18インチ(245/40-18)、リヤを19インチ(345/35-18)として車高や見た目のバランスを整えている。ナックルは3UP製を導入して深いドリフトアングルにも対応する。

 

 

エンジンやエクステリアなど各所はGT-R化されているが、駆動はもちろんFR。ミッションはRB25用をそのまま使い、オイルパンガードを装備してドリフト走行時のコースアウトなどにも備えている。足まわりには、GPスポーツの車高調を組み、イケヤフォーミュラのアーム類などで走りに磨きをかける。

 

文字通り、全方位に手が入ったフルチューンER34。その時代の最先端チューンを取り入れながら、その進化はまだまだ続いていく。(OPTION2 2013年11月号より抜粋)

 

●取材協力:クールレーシング名古屋 愛知県名古屋市緑区大根山2-503 TEL:052-693-9805

 

【関連リンク】

クールレーシング

http://kuhl-japan.com/