「ワイド&ローを演出するシンプルな86後期用エアロはいかが?」シルクブレイズならではの拘りが凝縮された作品! | web option(ウェブ オプション)

「ワイド&ローを演出するシンプルな86後期用エアロはいかが?」シルクブレイズならではの拘りが凝縮された作品!

86後期用は純正に追加するリップスポイラーを軸に展開!

 

バンパーエアロのようなリッチな表情を獲得

 

エアロを筆頭に、ホイールやインテリアパーツ、光り物を中心とした電子パーツなど、多角的にドレスアップアイテムを展開するケースペック。そのエアロブランド『シルクブレイズ』から、今回は86後期用エアロパーツをピックアップした。

 

 

86前期用では、フルバンパーエアロの『シルクブレイズ・グレンツェン』をいち早く発売。後に純正バンパーにプラスするリップスポイラーを設定したが、後期用ではリップスポイラーからのラインアップとなった。新設ブランド『シルクブレイズスポーツ』からのリリースで、名称通り“スポーツ”を意識したデザインが特徴となる。

 

 

デモカーのフロントリップスポイラーはWETカーボン製。中央部が約40mm、サイド部が約20mmダウンの設計だ。両面テープで装着できるフォグランプカバーは、フロントマスクを精悍な表情に一変させる。

 

 

サイドステップもWETカーボン製。約25mmダウンの設計で、シンプルなデザインながら、張り出し感をしっかりと演出する。

 

 

リヤディフューザーもWETカーボン製を装着するが、2トーンカラーでの塗り分けもスポーティでオススメだ。

 

「86後期の純正バンパーはアグレッシブなデザインを採用していますが、それをより引き立たせるスマートながらインパクトのあるデザインがコンセプトですね」とはケースペック広報の谷口さん。シンプルながらワイド&ローを演出する絶妙なサイズ設計は、さすが老舗メーカーのなせる技だ。

 

 

このエアロシリーズで注目したいのは、フロントフォグランプカバーとリヤバンパーダクトカバーの存在だ。純正バンパーならではの“やりきれてない感”を完全に払拭し、まるでバンパースポイラーに換装したような迫力を獲得。リヤは装着の際にバンパーへの穴開け加工が必要となるが、アウトレットとしての機能性をも発揮するわけだ。

 

 

さらに、リヤウイングでもフラップ角度の調整機構を採用し、ビジュアル性とスポーツ性を両立。また、純正色塗装や2トーン塗装を用意するなど、カラー設定の豊富さもシルクブレイズの魅力だ。

 

●取材協力:ケースペック TEL:0566-54-0335

 

【関連リンク】

ケースペック

http://www.kspec.jp