「匠のターボチューンで140馬力まで進化したPP1ビート」その乗り味は完全にレーシングカート! | web option(ウェブ オプション)

「匠のターボチューンで140馬力まで進化したPP1ビート」その乗り味は完全にレーシングカート!

他車種のエンジンパーツを流用して140馬力まで出力アップ!

 

クイックな動きはまるでレーシングカート感覚

 

三重県のトップフューエルで製作されたPP1ビート改ターボ仕様の登場だ。搭載されるF07Aエンジンは、純正の多連スロットルを大口径化した上で、HKSがコペン用に設定したDX30タービンをインストールしている。

 

 

なお、ターボ化にあたっては、ライフダンク(E07Zターボ)用のエンジンパーツを移植して強化。ヘッドまわりもダンク用をベースとしながら、ビート用のカムやロッカーアームなどを使っている。

 

 

制御用のコンピュータにはモーテックM4を採用し、点火系はダイレクトイグニッション化するなど、各部にハイレベルなチューニングが施されている。最高出力は最大ブースト圧0.9キロで約140psに到達している。

 

 

トランクスペースには軽カーとは思えないサイズのインタークーラーを設置し、走行風が当たりにくいため電動ファンで強制冷却。パイピングはボディ貫通の最短ルートとして、レスポンスも追求する。

 

 

さらに、フロントフード内には大容量のアルミラジエターをインストールすることで、クーリング性能を高めている。

 

 

マフラーは排気量に合わせて製作したメインパイプ50φのステンレスだ。大きめのサイレンサーを組み込み、排気音を抑え目に仕上げているのが特徴だ。

 

 

一方のサスペンションはコニの車高調をセット、ホイールは軽量&高剛性の代名詞でもあるボルクレーシングTE37をインストールした。

 

 

ボディ補強も徹底され、アルミ製のロールケージや4点留めのフロントタワーバー、フロア補強ブレースなどくまなく手を入れ、剛ボディを手にしている。

 

 

これらのトータルチューニングによって、レーシングカートのようなソリッド感とパワフルさを兼ね備えたスーパーコンパクトスポーツへと進化。ステージによっては2.0Lターボ勢をもブチ抜く速さを手にしたのだ。

 

スペック

エンジン:E07A改/HKSコペン用ターボキット改/ライフ ダンクE07Z エンジンパーツ、エキマニ流用/3連ビッグスロットル加工装着/ビート用カムシャフト加工装着/エンジンパーツ フルバランス取り/50φワンオフステンレスマフラー/モーテックM4/RH9大容量燃料ポンプ/アルミ大容量ラジエター/トラスト オイルクーラー ■駆動系:OS技研TS1Aクラッチ/RSマッハ クロスミッション、LSD、ファイナル ■サスペンション:コニ車高調 ■ホイール&タイヤ:ボルクレーシングTE37&アドバンネオバ(F165/60-13 R175/60-14) ■エクステリア:アルミロールケージ/無限フロントバンパー/RSマッハ リップスポイラー/オートマック ハードトップ/バックヤード ボンネット他

 

●トップフューエル 三重県松阪市中道町500-1 TEL:0598-56-5880

 

【関連リンク】

トップフューエル

http://www.topfuel.info