「RB25改2.9L仕様で大トルクを発生させるC35ローレル」日々の通勤にも使える日常性と耐久性も確保!

公開日 : 2019/06/07 05:30 最終更新日 : 2019/06/07 05:30

TD06タービンを余裕でまわす2.9L仕様のストリートセダン

 

毎日の通勤に使える日常性と耐久性も確保

 

チューンドセダンを求めるユーザーから人気の高いベース車がローレル。C35モデルではターボはATのみの設定になってしまったが、マニュアルへの換装は比較的容易だし、ストリートセダンならばAT+チューニングエンジンという組み合わせも悪くない。

 

 

ここで紹介するC35ローレルは、TD06SH-25Gを完全に使い切る630psのストリート仕様だ。

 

 

心臓部のNVCS付きRB25エンジンは、内部にアペックスが過去に限定販売した2.9Lキットをセットし、排気量を大幅にアップ。カムシャフトは東名パワードのポンカム(IN256度/EX250度)で、タービン交換に合わせて全域のトルク特性を見直している。制御はF-CON Vプロだ。

 

 

サージタンクはトラスト製、スロットルは定番のインフィニティQ45の100φを流用する。バッテリーはパナソニックの小型大容量のハイクラスモデル“CAOS”。安定した電源供給はエンジン性能を引き出すことにも貢献してくれる。

 

 

インタークーラーとマフラーは、エンジン出力に対応すべくGT-R用を加工して装着。ローレルはBCNR33と共通のフロアを使っているため、加工流用もさほど難しくそうだ。

 

 

制御はF-CON Vプロで行い、最大ブースト1.6キロ時に632ps/66kgmを発揮。可変バルタイの恩恵もあり、どこから踏んでも大トルクが発生する理想的なパワー特性に仕上がっている。

 

 

大パワーを受け止めるべく、ブレーキは前後ともBNR34用ブレンボを流用して制動性能を確保。サスペンションはアラゴスタ車高調を装備する。

 

 

ホイールは19インチのボルクレーシングGTC(F8.5J+29 R9.5J+37/前後5mmスペーサー)をフェンダー加工なしでインストール。タイヤサイズはフロント235/35、リヤ265/30だ。

 

 

インテリアはセダンのメイキング。シートはレカロのスポーツJCで、高級感漂うブラックレザーのリクライニングバケットシートが、スポーツセダンのコンセプトにバッチリだ。

 

 

ミッションはECR33用に載せ換え、合わせてGT-Rセンターコンソールを流用した。

 

 

超ハイスペックながら、オーナーは実用車として日々の通勤にも使っていてその間まったくのノントラブル。インパルのフルエアロで落ち着いたルックスとしつつも、ひとたびアクセルを踏み込めば異次元の加速力を見せつけてくれる超絶パフォーマンス。まさに“羊の皮をかぶった狼”だ。

 

●取材協力:フェニックスパワー京都 京都府久世郡久御山町佐古外屋敷37-2 TEL:0774-48-1157

 

【関連リンク】

フェニックスパワー

http://www.phoenixs.co.jp